こどものお呼ばれに持たせるお菓子。

b0164670_9435925.jpg

今日はおにいちゃんがお友達のお宅にお呼ばれの予定なので

朝からミニカップケーキを焼き
b0164670_9445765.jpg

アイシングをかけ、NYC土産のスプリンクルをトッピング♪
b0164670_9454972.jpg

クリスマスに逆戻りした(笑) 生地レシピはこちら→
b0164670_9465446.jpg

おにいちゃんはバスで通学しているので、近所にクラスメイトが住んでいません。

いつも学校帰りにそのまま学校近くのお友達のお宅に転がり込んだり、
(携帯電話でわたしにちゃんと事前承諾させます)
一旦帰宅してあっという間に着替えて自転車にまたがり、あっという間に大きな公園まで向かい
1時間ほどしか遊べなくても一生懸命お友達たちと落ち合おうとしている小学4年生です^^

お友達と遊ぶのがほんとうに楽しい年令なのですね。
わたしも小学生時代によく学校の裏山に探検に行ったことを思い出します。

わたしはもともとお友達づきあいが下手で、上手な距離感が分からずよく失敗をしていました。
たぶん、周りから見てもつかみづらい性格だったんじゃないかな。
天邪鬼だし、プライド高いし、頑固だし、トラブルを避けようとして曖昧な態度に出るし、一人になりたがるし(笑)
いま思うと、心のどこかで寂しい思いと、一人のほうが気楽という真逆な思いが同じぐらいの割合で交錯した性格だったんだと。小2のころは休み時間に誰とも遊ばず、風がわたしのスカートをめくるので風から逃げる・・・というふうに(笑)「風」と遊んでるほうが気が楽だと思っていた変子ちゃんでした。

35歳ぐらいになってようやく自分のこういう性格が正確につかめ、無理にお友達づきあいをしなくても済むように自分の中で寂しさと自立のバランスが取れて、割り切れるようになり、とても楽ちんになりました。むしろ大きくなるにつれて、寂しさの割合が減っていきました。一人でいることに対する周りの目もまったく気にならなくなりました(笑)

現在の精神バランスが保てるようになるまで長い年月がかかったように思います^^;
みんな、そんなもんなのかな??

そんな私に比べると・・・お兄ちゃんはもともと人付き合いも上手で、すでに自分の世界もちゃんと持っているし
周りに振り回されることもなく、小学生なのになかなかバランスの取れた性格をしています。

いまは同年代のお友達たちとたくさん遊びなさ~い♪
誘ってくれるということはとてもありがたいことですからね^^
b0164670_10121665.jpg

パック詰めすると、たこ焼きのようになりました。
b0164670_10124535.jpg

この柄つきワックスペーパーはダイソーです♪

そうそう、それに。
「痩せたい」といいつつもちょい太りぎみな私を気に入っている自分がいることも確かです。
以前、アユールヴェーダ学を少し勉強したことがあり、
痩せ型(ヴァータ)・中肉中背型(ピッタ)・ぽっちゃり贅肉型(カファ)と人間はおおまかに3パターンに分類することができるのですが
性格もまたそれぞれのタイプに特徴づけられているわけです。
ここから、性格や思考、行動において陥りやすい傾向というものが分かります。
b0164670_10334810.jpg

どのタイプが診断してみるなら→

自己診断では痩せていた20代のころはヴァータ気質が多かったのですが
現在はピッタ気質が多いと感じています。
上の診断をやってみると、やはりピッタ気質(+カファ気質)になりました。

痩せていたころは神経質ぎみでとても疲れやすく、精神的にも参りやすかったのが
いまはとてもハツラツとしていて、多少のことでいちいち気に病むこともなく、心穏やかに過ごせているのです。
それもこれも、少しぽっちゃりしているおかげですから~(笑)
なかなか真剣にダイエットできないのですーー!!
[PR]