<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マレーシア3日目。
帰国日でもあります。
この日はChina Townへ行く予定で
朝食は南国フルーツを用意してくれました。
b0164670_17354729.jpg

パパイヤ。
b0164670_17361745.jpg

真っ赤なドラゴンフルーツ!
b0164670_17363828.jpg

見た目はじゃが芋みたいですが、皮をむくとライチのような味の実が出てきます。
b0164670_17373155.jpg

そしてスターフルーツ。こちらは友人いわく「見た目だけ」ということで味は至って普通です^^;
b0164670_17382227.jpg

ジュースとフルーツとパンで朝食を済ませていざCHINA TOWNへ!
駐車場はセントラルマーケット前を利用。朝早く行ったので空いていたようです。
大通りを渡ってチャイナタウンへ入るのですが、この大通り・・・確か横断歩道なかったよね?!
ものすごいスピードで運転している車をかいくぐりながらの横断です!
オタオタ歩く日本の老人なんか容赦なくひき殺される勢いです。ゾーーッとしました。
わたし、マレーシアには絶対住めない・・・」と確信した瞬間。マレーシアでは人より車優先。
轢かれるほうが悪い、という常識だそうですから^^; 日本ってほんと安全だよね。
止まってなんかくれません。「ブーーーっ!!」と大きなクラクションを鳴らされて「どけどけ~!」とでも言わんばかり。人のスレスレを何の躊躇もなく大きなバスが通っていきます。
↓China Townに入りました。
b0164670_17433427.jpg

b0164670_17435329.jpg

b0164670_17444280.jpg

b0164670_1753975.jpg

KIM SOYA BEANという豆乳デザートの美味しい屋台。
友人は豆乳ゼリーに甘い黒糖ソースがかけられたものを。
b0164670_17574788.jpg

うちはそのドリンクタイプにしてみました。メニュー名がわからなかったので、指でカップをさして
具材を指し示して注文(笑)。通じました。
b0164670_17553667.jpg

チャイナタウンは狭い市場をときどき車も通るし、子供をさらわれる危険性もなきにしもあらず?!
さすがの友人もピリピリしていましたし、ちょっとした緊張感は必要です。
子供とは絶対にはぐれないように、絶対に大人から離れないようにしなければいけません。
ここでも買い物(主に偽物ですが。というより全部偽物)は先のブログでアップしてます。
屋台でフルーツジュースを飲んだり、スイカのカットされたもの(30円ぐらい)を次男に食べさせたりして楽しみました。ここからセントラルマーケットへ戻ります。またあの「恐怖の道路」を横断。
b0164670_182107.jpg

b0164670_183792.jpg

b0164670_183273.jpg

b0164670_1834741.jpg

b0164670_184249.jpg

このセントラルマーケット前の駐車場に車を停めてまして、帰りはセントラルマーケットの入り口付近にある精算機械で事前精算。どこのモールでも大体8リンギットぐらいでしたから240円くらい。お金を入れると(お釣りは出ない)コインが出てくるので、車を出すときにコインを・・・どうするんだっけ?どっかに入れるのかな。
b0164670_189681.jpg

b0164670_1893490.jpg

ペルシャ絨毯はやはり高級品でお高い!
b0164670_1810285.jpg

ドクターフィッシュ体験をしました!15分10リンギット(300円)です。日本だと500円くらいなので
そんなに安くはないですね。でも日本のより、サイズがでかいの!!
b0164670_18123857.jpg

b0164670_181333.jpg

b0164670_18134982.jpg

最初、子供たちだけさせてたのですが、やはり友人もやりたくなりやってました。(マレーシアでは浴槽がなくシャワーだけというお風呂生活で、角質がかなり溜まっていそうです!!)
案の定、子供たちより大人のほうに大量の魚が群がり、とんでもなく気持ち悪いことになってました(爆)
おかげでツルツルになってたみたいでしたけど^^ わたしはやりませんでした。

OLD TOWNというレストランでランチ。普通に美味しい料理が食べられます。
b0164670_18213714.jpg

b0164670_18215195.jpg

このセントラルマーケットのトイレはお金を払うシステム。50センなので約15円なのですが
大人が行くときに小さい子供も一緒に連れていかないと、あとで「やっぱりおしっこ!」と次男がなったときに
付き添いだった私もさらに50セン支払わされて結局1リンギット払うことになったのです。
トイレ自体は清潔ですが、事前にトイレットペーパーを1握り(?)くれますが、「大」だったら
絶対足りません!という量です。大は外でしませんでしたが、いつも日本製の「水に流せるティッシュペーパー」を持ち歩いていたのでそのほうが安心です(笑)

帰り際、昆虫の標本のショップを見つけてしまいました。
さそり、珍しい瑠璃色の羽のモルフォという蝶や、グロテスクなタランチュラまでもりだくさん!
お兄ちゃんはタランチュラ(約7000円)を欲しがり、私はモルフォ(どれも1万円越え)を欲しがり、次男はさそり(約4000円以上)を欲しがりましたから、値段的に一番手ごろなスコーピオンを買うことになりました。
もちろん「Discount , please!」連発で4000円以下にしてもらい、梱包してもらいました。
機内持ち込みも「No problem」だって。大丈夫かな?と思ったけど、ほんとに大丈夫でした。
b0164670_18285310.jpg

b0164670_18291148.jpg

気持ち悪いですか?わたしたちが興奮しているのと対照的に友人たちは完全に引いてました・・・。

ここから車を飛ばして通称「ブルーモスク」と呼ばれているMasjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shahへ。
観光地としては「ピンクモスク」も有名ですが、友人はこのブルーモスクが一番オススメ!
ということでした。
b0164670_1833989.jpg

b0164670_18405324.jpg

b0164670_18412462.jpg

ブルーモスク、めちゃめちゃ綺麗です!!

受付で名前を記帳して靴を預け、女性だけイスラム装束を羽織って「モジ子」に変身。
もれなく英語のガイドのおじさんが無料でついてきます。
b0164670_19242793.jpg

b0164670_19274072.jpg

b0164670_1928750.jpg

b0164670_19282940.jpg

ガイドのおじさんの英語の説明は、私と友人と娘ちゃんは5~8割がたはなんとなく「雰囲気で」理解できましたが、3人のBoysたちはちんぷんかんぷん。
「ママ!なんていってるの??」の連発でいちいち完璧に訳すことができないので
「ん~~!もうあとで説明するから!」と黙らせたものの、ほとんど説明できずに終わってました。
そんなこんなで退屈ざんまいのBoysたちは、気づいたら走りまわって追いかけっこ。
何度注意してもやめません!外で撮影クルーが来ていて、なにやら撮影されていたようです^^;
「日本のこどもたちも来てますよ~」的な観光アピールでしょうか?
b0164670_19334135.jpg

b0164670_1942045.jpg

b0164670_19421814.jpg

b0164670_19285726.jpg

b0164670_19431095.jpg

b0164670_19433143.jpg

b0164670_19435582.jpg

コーラン。イスラム教の聖典です。
そういえば、友人の家にいたときも朝っぱらから近くのモスクでの礼拝のお経?のような音が聞こえてきました。これだったのね~。
b0164670_19454477.jpg

b0164670_19455639.jpg

b0164670_1948097.jpg

b0164670_9411318.jpg

この後はもう空港へ向かうだけなのですが、車で1時間かかりますから
ここでトイレに行っておかないといけません。子供たちに「行っておいで!」と言うと
行ってすぐに戻ってきました。「ちゃんと行ったの?」と聞くと「してない。だって床が水で濡れてて
絶対無理!」というのです。裸足だしね^^;
こちらのトイレは「ちゃんと掃除しましたよ」のサインでわざと床を水で濡らしているのだそうです。確かに私の感覚からしても裸足で濡れたトイレの床を歩くのは厳しいものがありましたが、ここで行っとないと!
「空港まであと1時間もかかるんよ!途中でトイレなんか行けないんよ!」ときつく言うと
おにいちゃんたちは意を決して行ってきました。後で足を水道で洗える場所があったようです。
ここで、清潔好きなおにいちゃんは一線を越えて大きく成長したような気さえしました。。。

で、次男・・・。「オレ、ぜったい無理!」と頑として聞きません。
仕方ないので、今度はわたしが意を決して、次男を抱きかかえたまま女トイレに裸足で入り
便座に座らせましたら「もうなんでっ!オレ、ウンチじゃないから!」というのです。
「そんなん分かってるわ!アンタが自分で床に立てないからこうしてるんでしょう?!」と
足元の気持ち悪さから半ギレになるわたし^^;
最後は足を洗って出てきました。ま、慣れたら大ジョブです。
b0164670_19482949.jpg

美しいブルーモスクを後にして、車を走らせました。
サヨウナラ~ブルーモスク!
b0164670_19572673.jpg

空港へ行くまえに時間があるので「ちょっと公園でも遊ばせていく?」と友人。
モール前の公園へ立ち寄りました。
b0164670_19582285.jpg

大人たちはスタバのアイスコーヒー飲みながらブレイクタイム。
b0164670_1959196.jpg

b0164670_19593612.jpg

この後、子供たちにマックのアイス(一番安いので1リンギット=30円!)を食べさせて
空港へ向かいました。
b0164670_2002840.jpg

KLIA2のほうがショップがたくさんあって時間つぶしできるので、直接KLIA(国際線搭乗口のあるほう)ではなくKLIA2へ送ってくれました。
バーガーキングで最後の夕飯にも付き合ってくれてそこでお別れすることに。

この2日間ですっかり意気投合した子供たちでした。
次男はもう友人の下の男の子のことが大好きになってしまい、抱きついたりしてましたし
お姉ちゃんも優しくて賢くてとてもいい子なのです!
(本人にも何度も言ってたのですが^^;)この友人の子供であることが不思議なぐらいで(笑)←失礼!

お別れした後、次男がしくしく泣き始めて「あしたも遊びたかったのに~」としばらくずっと泣いてました^^;
お兄ちゃんも学校のクラスメイトで一番仲良しのKくんよりも好きになったと言ってましたし、それぐらい
優しい子達だったのです。仲良くしてくれて、ほんとにありがとうね!!

バーガーキングで30分くらい3DSさせたりして時間つぶしてましたが
(フライトは夜の22:50分発であと5時間ほどありました^^;)
「そうだ!ラウンジへ行こう!」と思い立って、移動。それまでに髪留め屋さんを見つけて買い物。
b0164670_2075199.jpg

b0164670_208884.jpg

REDEYEというお店で韓国の会社だそうです。
バレッタが29リンギット(870円)で姉へのお土産に。
大きなパッチン留は23リンギット(690円)で自分用に。
留めてみるとこんな感じ↓
b0164670_2011885.jpg

KLIA2からモノレールに乗って一駅のKLIAへ移動。
チェックインして荷物を預けてから、お土産を買い、現地通貨を使い切ってからJAL(キャセイパシフィックのラウンジ)用のラウンジへ向かいました。JALグローバルクラブの会員なので1枚のカードで二人まで入れます。あと一人分はさらに2000マイル支払えばいいのです。

(このJGCのカードのおかげでエコノミーチケットなのに、ビジネスクラスのチェックインカウンターでほとんど並ばずに搭乗手続きができたし、もちろん優先搭乗、到着してから荷物は優先的に真っ先に出てくるし。
機内でCAさん数人から「○○様~、いつもご搭乗ありがとうございます。わたくし、●●と申します。どうぞよろしくお願い致します」とご丁寧に挨拶にきてくださるのでちょっとしたセレブ気分を味わえた。

実は帰国便を急遽予定より1日早めたのですが、座席も3人並び席のいい席を取ってくれたしで。
まさにいたれり尽くせり!
これなら年会費を払い続けてでもJGCの会員を継続させるべきだと思いました。
ちなみに、見た目完全に「庶民」なわたしたち母子がビジネスクラスと同じ待遇を受けているので
同じ家族連れの視線から「え?!あの人たちがなんで?」という無音の言葉が聞こえてきたように思うのでした^^;  気のせいかしら・・・?)


搭乗まであと5時間もありますから、ラウンジで少し仮眠させました。
国内線のサクララウンジは飲み物しかありませんが国際線のラウンジはちょっとした軽食もあって快適。
b0164670_20178100.jpg

b0164670_2018090.jpg

お酒もジュースも種類豊富で飲み放題。ここでしっかり食べさせておきました。
b0164670_20183994.jpg

搭乗時間が近づいてきてからお兄ちゃんだけ起こして荷物を持ってもらい
次男は抱っこして搭乗口まで。。。遠いし!マジで汗だく^^;

すれ違う外国人が寝ている次男を見て「可愛い」の意味で笑います。
日本人のビジネスマンからは哀れみと同情の目で見られます。
こんな夜遅くの搭乗でしかも父親なしの母子3人旅はちょっと珍しいですよね^^;
ぐったり爆睡している裸足の次男を抱える私。背中には大きなリュック、腕にはさらにトートバッグと大きなお土産袋。
たくさんの視線を浴びながら最後の荷物検査へ。前に並んでいた日本人ビジネスマンが
「先にどうぞ」と譲ってくださいました。ありがとうございます・・・。同情を一身に浴びました。
やっとの思いで搭乗。
機内ではお兄ちゃんも爆睡。眠れなかったのは私だけ・・・。
ひざに次男の頭を載せて身動きとれず、お尻と腰は痛いしで・・・。
3人席の一番前でゆったりしていたので、次男の頭をシートにおいて地べたに三角座りしていたら
さすがにCAさんに注意されましたが(笑)ほんとに眠れませんでした。

成田に到着する2時間前の朝5時に機内食。わたしだけ食べました。こどもたちはまだ寝てます。
7時の到着寸前までおにいちゃんは寝てました。

やっと日本に帰ってきました!
入国審査して、荷物を受け取り、税関を出て行こうとすると
「携帯品・別送品申告書」を求められました。
「?申告はありません。」となぜか堂々と答えましたが、これ、申告するものがなくても出さないといけないのでしたね!!もう完全にすっかり忘れていて恥ずかしかったです^^;
そういえば機内でシンガポール人のCAさんが配ってはったわ・・・。

税関を出てリムジンバスチケット売り場へ。1分後に出る羽田空港行きでしたが、走って乗り込みました。
羽田までは3人とも爆睡。気持ちよかったです。日本に帰国して、床が乾いたトイレ、トイレットペーパーがちゃんとあるトイレ。清潔な道路、美しい景色に心からほっとしたら自然と眠れました。
羽田から山口宇部空港に戻ってきました♥

友人が効率よく回ってくれたおかげでとっても濃縮した2日間でした。
子供たちもかなり楽しかったようです。
ひとつ、不思議だったのが・・・空港などでマレーシア人の男性から次男が2回ほど触られました・・。
1回目はトイレへ行くとき、すれ違いざまにほっぺたをなでられ。
2回目はエスカレーターで腕~手をなでられてそのまま手を繋がれました(笑)。
どちらもニコニコ笑顔でおそらく「可愛い」という意味合いだったのでしょうが
日本では見知らぬ人からいきなり触られる習慣はないのでちょっとびっくりしつつ
笑顔で返しましたが、次男はひきつってました(笑)

イスラム圏の国なので習慣の違いがいろいろとあり
たとえば人差し指で指してはいけないので、親指を立てて「あっち」とか「こっちへ」とか表現します。
それと、女性に対しては握手でもしてはいけません。絶対にいきなり体を触ってはいけないのです。
頭の上に神が宿ると信じられているので、子供に対しても「よしよし」の意味で頭をなでてはいけないし
左手は不浄の手なので、お金を出すときは必ず右手で。

でも、見知らぬ男の人がいきなり男の子を触るのはあり?!なのですねー。
ちょっと面白かったです^^

それと、今回一番感動したのが、マレーシア人の国民性がとてもおおらかなこと!
出会う人みんな穏やかで、ぶつかっても「sorry!」というと
「Tak Apa lah/タッ アパ ラー」と笑って許してくれます。(問題ないよ!)という意味かな。
こちらが早い英語が聞き取れないと分かるとゆっくり喋ってくれるし
ちゃんとした英語じゃなくても、ちゃんと応対してくれました。
こういうところに「居心地の良さ」を感じて友人は移住を決めたそうです。
それにしても友人にはバイタリティーがありますが!

子供たち、初海外旅行でマレーシアはディープすぎるかな?と心配しましたが
なんとかいけましたし、思っていた以上に楽しんでました!
これも友人ファミリーのおかげですね。ありがとうございました♥
b0164670_215625.jpg

(空港で買ったワヤンのマグネットはインドネシアが懐かしいばあばへ。)


人気ブログランキングへ
[PR]
by usubeni-macaron | 2014-09-30 21:03 | タビ
SUNWAY Pyramidモールでぶらぶらした後、ようやくたどり着いた「SUNWAY Lagoon」。
チケットは大人(12歳以上)120リンギット、子供(11歳以下)90リンギットという強気の価格設定。
小さい子供は無料?なのかな。(チェックもなく次男はスルーでしたから、その辺はけっこうアバウト。友人の子は小さいので小4だったけど無料にしてました)
大人と子供合わせて200リンギット(6000円)という割安チケットを事前に買っておいてくれたので
それで対応。
カメラもサンダルも全てロッカーに預けてしまったので写真がありません!
残念無念です!とーーーーっても広くてかなり楽しみました
こちらの観光サイトを参照してください。詳しくレポされてます。
b0164670_1525237.jpg

(画像拝借)

b0164670_15255989.jpg

入場するときに腕に濡れても大丈夫なビニール紙のようなバンドを巻かれます。
プリペイド式になっていて、施設内の小さな小屋のようなカウンターで現金を好きなだけ入金。
施設内はそのバンドのバーコードをピッとするだけで支払いを済ませる。
余ったお金は出口で払い戻しができるシステム。

ロッカーを借りて荷物を全部入れます。前もって水着を下に着ていったほうが賢明です。
なぜなら、ロッカールームは男女共用だから!
みんなトイレで着替えてるのかな?よく分かりません。とにかく帰りも水着を脱げる状況ではなかったので^^;
濡れたビキニの上からTシャツを着て帰りました。小さい男の子たちは着替えられますけどね。

サンダルも盗られたら嫌なので、ぜーーんぶロッカーに入れて、身ひとつでプールへ!

中で真っ先に食べたのがアイス。「バンナナ」という皮をむけるアイスがあるのです!
b0164670_15332488.jpg

(画像拝借)皮がグミでできているそうです。
もうそろそろ日本にも進出するかも?と友人が言ってましたよ!大流行するかもね。
それからスイカジュースも飲みました。目の前で切ったスイカと氷をミキサーにかけてくれます。
10リンギット(300円)なので現地価格としてはお高め。
でもこれが美味しくって!兄弟で取り合っていたら「ケンカ、シナイデ~」とジュース屋さんのおばちゃん(笑)

それからとてつもなく広いプールで遊びまくってきました。
人工の砂浜ビーチつきのプールもあれば、波のプールもあり、小さい子達用の滑り台もりだくさんのジャングルジムのようなプール。スリル満点のウォータースライダー、などなど。
どれも水は綺麗なほうでしたが、ぐるぐる回るプールは白く濁っていていろいろ浮いてました^^;
それでもうちの子たち、ゴーグルつけて何度も潜ってはしゃいでたので、完璧ゴックンしてます!
(その日は下痢もなく発熱もなく普通に過ごしていたので、友人が「初めてにしては毒なれしたはる!」と
大笑い。)
b0164670_16295941.jpg

(画像拝借)
たくさんの家族で大賑わいのプールでした。
マレーシア人はみんなフレンドリーで、イスラム女性たちは「ブルキニ」と呼ばれる全身を
覆った特殊な水着で入ってました。↓
b0164670_15422028.jpg

(画像拝借)
水着ではなく、それ普通の服ちゃうん?というような普通のスカーフを頭に巻いてる人もいたりで。
けっこう自由。このスカーフはマレー語で「トゥドゥン」というのですね。

アラブ系女性の全身真っ黒の長い装束を着てる女性はほんとに「目」しか出てなくて。
暑くないんかな~?と思うほどです。でもその「目」のメヂカラが凄かったです!まつげビヨ~ン!日本人のまつげのなんと貧弱なこと(笑)。
逆に下だけビキニを着ていた友人のほうが特殊なようでした(爆)。
(上はみんなラッシュガード着させました)

バーガーキングでランチして、どれだけ遊んだかな~?!数時間は遊んでました。
まだまだ遊びたがっていた子供たちでしたが、そろそろ動物園に移動しよう!ということで
水着のまま動物園へ移動。遊園地も実はあるのですが、子供たちには「別料金がかかるから」と嘘をついて諦めさせました。乗り物代がかかるのはほんとだから。
b0164670_15553137.jpg

いきなり大きな蛇発見!
b0164670_15555976.jpg

蛇を激写するわたしを激写する友人↓(もしかしてわたしが珍獣?)
b0164670_15583413.jpg

友人の娘ちゃんが蛇大好きみたいで「触りたい~!」と言っていたので
係りの人に触れるか聞いてみました。この黄金の蛇は触れないけれど、これからショーが始まるので
そこで蛇を触らせてくれるとのこと!早速行ってみました。タイミングよく始まったばかり!
b0164670_1602670.jpg

b0164670_1611292.png

b0164670_1604313.jpg

b0164670_1605828.jpg

コーヒー豆を食べるというジャコウ猫。この猫ちゃんの糞から取られたコーヒー「コピ・ルアク」は高級品。
動物たちの説明のあと、自由に触らせてくれました。もちろんタダです!
b0164670_16142698.jpg

順番をまつ兄弟。
b0164670_16145325.jpg

このピンク色の女性がけっこうやり手ババア(失礼!)で、わが子を撮影するために
うちの子たちを手で平気で押しのけていた。
b0164670_16163796.jpg

b0164670_16172279.jpg

持ちたいんだけど、実際に持ってみると顔がひきつりっぱなしの次男。
b0164670_16175327.jpg

b0164670_16181931.jpg

b0164670_16292378.jpg

蛇が触れて大満足の娘ちゃんでした。よかったね、Mちゃん!
ぐるぐると動物園を見て回ります。
b0164670_163116100.jpg

b0164670_16313772.jpg

b0164670_1631579.jpg

「ワオ!カワイイ、ミーアキャット~!」
を激写するわたしを激写する友人↓
b0164670_1635951.jpg

b0164670_16354349.jpg

なぜか金魚すくいコーナー。でもあまりにも金魚がすばしっこくて1匹も獲れません!
わたしもトライしたけど、絶対すくえないから!キャッチ&リリース。無料です。
b0164670_16362259.jpg

獲れなくてもますます夢中になる子供たち。
b0164670_16364048.jpg

b0164670_16373128.jpg

大きなハムスター(モルモット?)のえさやりにはまる次男。
b0164670_16381583.jpg

何度もしつこく餌を係りの人にもらいにいく次男でした。
b0164670_16384659.jpg

b0164670_1640849.jpg

こちらでは「自殺」の方法として有名だそうですね、ワニの檻に身投げ^^;
ワイルドすぎるやろっ!
b0164670_16405618.jpg

b0164670_16415184.jpg

b0164670_16425426.jpg

わたしの干支でもあるトラちゃん。
b0164670_16444866.jpg

このあたりからスコールが降り始めました!
b0164670_16452910.jpg

最後にマレーグマを見て、ダッシュでロッカールームへ!着替えて別のモールへ移動し
夕食を食べに行きました。ちょっと普通のが食べたかったのでディンタイフォンにしてもらったわ^^;
b0164670_16462529.jpg

b0164670_16464960.jpg

ああ~~やっぱり普通に美味しいです!
b0164670_16471667.jpg

b0164670_16473727.jpg

6人で260リンギット(約8000円)ぐらいの会計だったので、かなり豪勢な夕食となってしまいました^^;

このあと「VINCI」という激安な靴屋さんで買い物して帰ってきました。
デーハーなデコレーションケーキを見るのも楽しかったです。
b0164670_16532384.jpg

b0164670_16533760.jpg

b0164670_16535184.jpg

b0164670_1654879.jpg

b0164670_16542216.jpg

帰宅。マンション内にあるというプールを見に行きました。
b0164670_16545099.jpg

「明日はこのプールに入りたい!」と言う子供たちでしたが、明日はママたちの時間ですから!!

♥おまけ♥
VINCIで購入した戦利品。
サンダルが39リンギット(1170円)
パンプスが79リンギット(2370円)
b0164670_1657879.jpg

空港のKLIA2にもこのショップがあり、品揃えは豊富です。
安くてついつい買ってしまいますから要注意~!履き心地は悪くはないです。
しかし、このリボンパンプス。私の柄じゃないんやけど、マレーシアではブリブリなのが流行っているらしくついつい呑まれて買ってしまったパターン(笑)。

明日へつづく。
[PR]
by usubeni-macaron | 2014-09-30 16:58 | タビ
マレーシア2日目。
朝食は地元民がたむろする界隈へ連れていってくれました。
日本人はほっっとんど来ないであろうというようなディープなところへ(笑)
近くてもほとんど歩かないほうがいいみたいです。どこへでも車で移動。そこんとこはやはり危険なようです。

車に乗っていてもハンドバッグは足元に隠さないと信号待ちしてる間にガラス割られて
ふんだくられる可能性もあり、モールの駐車場で降車する際は後ろのトランクは決して開けてはいけない。
荷物が入っていることを見せてはいけないんだそうです。
モールでショッピングしてる間にガラス割られて盗られているんですって!
そのあたりはいちいち注意を払いながら行動してました。
b0164670_12511663.jpg

b0164670_1256486.jpg

b0164670_12533752.jpg

b0164670_12535699.jpg

b0164670_12541482.jpg

このお店は「Roti Canai」という薄いナンのような生地をバターや、バナナを入れて焼いてくれて
カレーにつけて食べるスタイル。1プレート1~3.5リンギットぐらい。中にチーズを入れるか、バナナを入れるかなどで値段が違ってきます。(1リンギット約30円)
b0164670_1257918.jpg

b0164670_12572550.jpg

焼いているところカメラ片手にじーーーっと見学させてもらうわたしたち。
店員さんに「Where are you from?」と聞かれて「From Japan」と答えると
嬉しそうに同僚にマレー語で「日本人だって!」みたいなことを言ってました。
けっこう親日でどこへ行ってもwelcomeな印象でした。マレー語を話せなくても英語で通じます。
b0164670_1392596.jpg

↑物珍しそうに見学するわたしたちをこっそり激写する友人(笑)このあとプールへ行く予定なので
すでに水着着用・・・^^; 子供たちもズボンの下は海パン。
b0164670_13101962.jpg

↓Roti Canai Kosong 1リンギット(30円)。 これがたぶん一番シンプルなやつ。バターのみ。
カレーはいわゆるインド式のスープのようなショボショボカレーです。
b0164670_13114673.jpg

b0164670_13152285.jpg

子供たちにはMilo ais(ミロ)1杯2リンギット(60円)。
大人はTeh Tarik(甘いミルクティー)1杯1リンギット20セン(36円)。
b0164670_1322378.jpg

b0164670_1322215.jpg

初めての食べ物に引きぎみなお兄ちゃん。普段から潔癖症なお兄ちゃんなので
テーブルに座るなり「なんか汚い!」と言ってしまい、友人に怒られてました。
現地人の中には日本語を勉強してる人もいるのでトラブルに巻き込まれないようにしないためにも
悪口は言ってはいけませんね。「郷に入れば郷に従え」です。
b0164670_13245170.jpg

バターとバナナ入りのRoti Canaiは甘くて、わたしは気に入ったのだけど、うちの子供たちは
どうも苦手だったようです・・・。「でも食べれるところで食べておかないと知らないよ!」と説教しましたが
「いつでもどこでも食べたいものが手に入る日本」しか知らないうちの子たちなので
ほんとにその意味を身をもって体験するまで分からないのでしょうね~。
b0164670_1332251.jpg

b0164670_1332183.jpg

うちの子たちは微妙な反応でしたが、わたしは気に入りました!Roti Canai!

お店情報→RESTORAN D.SHIRAJ CURRY HOUSE
住所  No.34,Jalan USJ 1/6 Subang Jaya,47510 Selangor Darul Ehsan

プールのオープン時間までまだ1時間あったので、「MYDIN」というこれまた現地民しか行かないような
ディープなスーパーマーケットに連れて行ってくれました(笑)
お店情報→Mydin Mohamed Holdings Berhad
住所  No.675&676, Persiaran Subang Permai USJ 1,47500 Subang Jaya, Selangor Darul Ehsan
b0164670_1343254.jpg

マレーシア人の民俗衣装?普段着なのかよく分かりませんが、ちっちゃい子が着るとほんとに可愛い!
b0164670_13434849.jpg

香辛料もた~くさん。
b0164670_13442249.jpg

豆の種類も豊富で、クルプックのような油で揚げるせんべいの種類も豊富。
b0164670_13445546.jpg

b0164670_13451239.jpg

b0164670_13453259.jpg

b0164670_13455225.jpg

なまず!!食用です。
b0164670_13461851.jpg

エイも食べるの~?!
b0164670_13464521.jpg

ビッグサイズな魚も並んでました。イスラム教の国なので鶏肉ばかりで、豚肉は中華系民俗しか食べないようですが魚はよく食べるのね。
b0164670_1347187.jpg

「ポニョ」の1シーンのよう(笑)
b0164670_13475172.jpg

このスーパーでは主にお土産用のお菓子を買いました。
b0164670_1352199.jpg

ライチのゼリーは4.20リンギット(126円)
メロンのゼリーは2.30リンギット(69円)。メロンなのになぜかHoney Lemonと表示されてます。
友人いわく、ゼリーは「COCON」というメーカーのものが一番無難に美味しいんだそう。
グミ入りチョコレートはぞれぞれ7.20リンギット(216円)。
マンゴーグミは4.49リンギット(135円)。味がどうかわからなかったので控えめに買ってきたのですが
帰国して食べてみたら普通に美味しい!!もっと違う味も買ってこればよかったな~~という感想です。
ちなみに、グミ入りチョコはお兄ちゃんのクラスメイト35人みんなへのお土産用。
→小分けに袋詰めしましたが、種類が少なくて物寂しい感じ。。。マンゴーグミは人数分なかったのよね。
b0164670_13582197.jpg

b0164670_13584748.jpg

b0164670_13591752.jpg

クリーム絞り器は2.90リンギット(87円)
カップケーキ容器1000枚セットは9.90リンギット(297円)
ほかの柄のも買い物かごに入れてたのに、レジで値札シールがついてないことが発覚!
そこでもうアウトなのでした・・。日本のように店員さんが走って見に行ってくれることなんて
絶対ありえない国なんだそう。だから1柄しか持って帰ってきてません。
b0164670_1425152.jpg

このチーズサンドクラッカーもオススメで7.70リンギット(231円)
中には小分けされた小さいパックが12パック入ってるのでちょっとしたお土産に。
シュガークラッカー3.85リンギット(116円)
あと、BUTTERSCOTH味の食パン4.20リンギット(126円)も買っていて、
プールサイドで子供たちに食べさせようと思ってプールに持ち込もうとしたら、プール入場の際に持ち物チェックがあり、食べ物は持ち込み禁止でした・・・。入り口前のロッカーに預けることもできましたが有料ロッカーなので泣く泣く諦めて「I don't need it.」と言ってスタッフに渡しました。
(きっとあとで食べてるやろうなっ)

このあと、ようやく巨大プール施設の「SUNWAY Lagoon」へ!
ショッピングモールと隣接されていたので、先にモールで両替。
「SUNWAY Pyramid」のモール内も少しうろうろ。
b0164670_14141258.jpg

デーハーなデコレーションケーキたち。
b0164670_14144162.jpg

見た目は可愛いけど、まずそうな予感。
b0164670_1415234.jpg

b0164670_14152347.jpg

b0164670_14154151.jpg

プリザーブドフラワー専門のお店。デザインがゴージャス!!金持ちだったら買ってたな。
b0164670_14155688.jpg

↓日本でいう「パパブブレ」のような存在の金太郎飴やさん。
b0164670_14163861.jpg

b0164670_14165657.jpg

b0164670_14172737.jpg

b0164670_14175186.jpg

馬にも乗ったし(笑)
さあさあ、ようやくです。メイン目的のプールへ行きましょう!!次へつづく。
[PR]
by usubeni-macaron | 2014-09-30 15:00 | タビ
お兄ちゃんの秋休みが始まる1日前。終業式の学校を休んで
山口宇部空港へやってきました。
ここから乗り換えもりだくさんのマレーシア母子3人旅がはじまりました。
b0164670_11242249.jpg

なぜマレーシアに??よりにもよって??
そう思いますよねー。いきなり決まった旅でしたが、ビーズドール製作に疲れていたこともあり、10年ぶりに海外旅行にまた行きたくなっていたこともあり、中高時代の友人がちょうど移住したこともあり、子供たちに一度海外を経験させておきたかったこともあり。
なんやかんや、もろもろの理由があった状況で「遊びにおいで~」と軽く誘われたので
「よし!行ってみよう!」となったのです。

でも友人が住んでなかったら、まずマレーシアは選んでなかったですけどね(笑)

実は35~6年前に父の仕事でインドネシアに約3年ほど住んでました。
ジャカルタ。35年前なのでいまよりもっともっと、衛生面は悪い、とても不便だし
なにもかもがアナログだし、疫病はあるしで。
一度2歳か3歳のときにわたしも「赤痢」で死にかけたことがあるそうで、両親が必死にジャカルタ中を探して日本人医師をやっとの思いで見つけ、看てもらうことができ命拾いしたという・・・。それほど日本ではアンビリーバボーなことがたびたび起こるところでした。ドクトル・カネミツは私の命の恩人♥

でもインドネシアでの生活は子供にとってはとってもスリリング!毎日が楽しくて。
毎晩台所に丸まる太ったどぶねずみが出て、女中さんがほうきで追いかけて叩き殺したり。
台所の炊飯ジャーの後ろにトッケーという大きなトカゲが隠れていたり。
夕飯時にもよく停電になるので、女中さんに外に連れてもらって月の明かりを眺めていたり。
一度近所から逃げ出してきた飼い猿に弟が太ももをガブッ!と噛まれて大騒ぎになったこともあります。
母親は大変そうでしたが、子供たちにとっては冒険の毎日。
(隣の日本人の2歳の女の子がコンセントを濡れた手で触って感電死しちゃったこともあり
大人にとっては子供を守ることに精一杯でいつもキリキリしていたようですが^^;)

だから日本に帰国してからの小学校時代は死ぬほど退屈で、私の人生の中でももっとも
暗い思い出だらけの6年間なのです。(←おそらく「普通」という感覚がおかしくなっていたから
日本のように常に安全な状態が死ぬほどつまらなかったのだと思う)

そんな思い出のあるインドネシアから近いマレーシアで、文化も言葉も似通っていますから
「あれから約40年経ってどう変わってるんだろう?」とこの目で確かめたかったことも行くことにした理由のひとつです。

さて。山口宇部空港から1時間半でまず羽田空港まで行きました。そこからリムジンバスに乗り換えて
約1時間かけて成田空港まで。そこから京成成田まで電車で移動し、初日はビジネスホテルに泊まりました。
もうすでに東京までの移動だけで半日がつぶれました^^;
b0164670_11391214.jpg

写真は京成成田空港駅のホームのベンチにて。「歌舞伎」モチーフのデザインになっていました。
ここへくるまでにすでに兄と弟の痴話げんかは何度も勃発しており、このときも拗ねて
泣いている次男です。二人ともかなりハイテンションで興奮していて、持っていた小さいスーツケースを
誰が引くかで喧嘩したりでもう先が思いやられる展開でした・・・。
荷物は最小限に抑えて、ミニサイズのスーツケースに、大きなリュックを私が背負い、それとトートバッグにすぐに取り出したいものを入れて。お兄ちゃんには別のリュックを背負わせ3DSやお菓子などを入れてました。

コンフォートホテルのバイキング形式の朝食ではラップに包まれたおにぎりもあったので
6個ほど持ち帰らせてもらいました。(これからの食事に不安があったので・・・笑)
翌朝、ホテルを出て成田空港へ向かい、チェックインして11時20分発クアラルンプール行きのJALに乗り込みました。
b0164670_11562033.jpg

成田空港で「AKIHABARA」というお土産やさんに入ってみました。日本に観光に来た外国人が
帰り際にいろいろと買って帰っているようでしたので。
外国人がイメージする「JAPAN」を象徴するような商品が並んでいて面白かったです!
外国人じゃないのについ買ってしまった「kimmidoll」で、いろんな種類があって名前がついてます。
自分のyuriという名前はなかったので色で選んだkyoというこの子を買ってみました。(木製)
b0164670_11554010.jpg

b0164670_11563649.jpg

機内ではDVDを見たり3DSをしたり、それなりに大人しく過ごす子供たち。
b0164670_1223696.jpg

b0164670_128916.jpg

次男はドラエモン。お兄ちゃんはスパイダーマンやオズの魔法使いの?映画を観てたら
割と時間がスムーズに経ちました。
b0164670_1241740.jpg

機内食。子供たちは案の定あまり食べられず。
b0164670_1244190.jpg

デザートにハーゲンダッツチョコのアイスが出てきましたが次男はお腹いっぱいで食べられず
「山口までもってかえる」と言ってました・・・。いやいや、ムリですから。
b0164670_126297.jpg

b0164670_1272876.jpg

b0164670_1274227.jpg

b0164670_12155077.jpg

b0164670_1216498.jpg

7時間のフライトを終えて夕方、現地時間で17時45分にクアラルンプール到着。
時差は1時間で日本が先に進んでます。
b0164670_12134493.jpg

到着して「Baggage claim」までまずモノレールに乗り込み一駅。
荷物受け取る前にモノレール乗って大丈夫かな?と不安になりつつ
人の流れに乗ってやってきました(笑)
b0164670_121622100.jpg

で、まず入国審査。もう仕事が遅くってねぇ~~。イラっとします。
日本人ならもっとテキパキやるよね。しかも愛想ないし無言やし。
ここで両手人差し指の指紋を登録するセンサーがあったのですが、何の説明もないし
知らずにとおりすぎようとしたら止められましたが、やっとここで初めて声を出してくれたカウンターのお姉さん(笑)。指紋は大人のみです。

で、荷物を受け取って、友人の待つ到着ロビーへ。
やっと会えました!!(笑)友人のお子は3人いますが、一人はお父さんと一緒に日本にまだ残っていて
中2のお姉ちゃんと小4の男の子だけです。自己紹介をして空港で夕飯を済ませて車で友人宅へ移動。
b0164670_1222667.jpg

うちのお兄ちゃんも同じ小4なのですが、5歳の次男と友人のお子の相性がよかったみたいで
最初から仲良く遊んでました^^

体は疲れてましたが、精神的に張り詰めていたのか、興奮してほとんど眠れない初日の夜でした^^;

そして、ビジネスホテルからもってきたおにぎり6個はこのときまでに1個に減ってました。
なんやかんやで小腹が空いたときに子供たちに食べさせてましたから、
たいして美味しくないおにぎりでしたが、それでも海外にくると貴重です。。。
もらってきてよかったよ~!!
明日につづく・・・。
[PR]
by usubeni-macaron | 2014-09-30 12:30 | タビ
お兄ちゃんの秋休みを利用して、母子3人でマレーシアのクアラルンプールに遊びに行ってきましたーー!

実はこの8月ごろより、中高時代の友人が子供の留学目的で移住しており
「あそびにおいで~!」と誘われたので、えいやっ!よし、行ってみよう!!と
突然思い立って・・・。決めたのが9月頭。それから私と子供らのパスポート申請・・・とバタバタしましたが
最近のパスポートって市役所でできるし9日間でできるのね。すっごく時短です!

学生~社会人時代に海外旅行はたいがい行ってまして、(香港、グアム、韓国、イギリス、LA、イタリア、フランス、ハワイ、モルジブ、ボラカイ島、スペイン・・・)でも最後に旅行したのって??
たぶん、友達とスペインに行ったのが最後やったんちゃうかな?
はっきりと思い出せないほど大昔。
子供たちと一緒にハワイに行ってみたいと思いつつ、飛行機時間が長いしな~と
なかなか思い切っていけなかったのですが、それが今回は自分でもどうしてこの行動力に火がついたのか
わかりません。

でもそれはたぶん・・・マレーシアに住む友達から送られてきた画像を見たから。

チャイナタウンでお買いあげのブランド品の数々(笑)もちろん、本物ではなく「~風」。
なのですが、とっても完成度が高いらしく!!韓国製よりも出来がいいとのこと!

で。はるばる行ってきました~。ま、それだけじゃないんですけどね。

詳しい旅行記を繰り広げる前に、チャイナタウンでの戦利品を先にここで紹介しまっす。
(完全に順序が逆)
マレーシアの通過は「リンギット」といって発音では「リンギッ」まで。
日本の物価の半分~2分の一ほどで買い物できます。
(両替は空港でするとレートが悪いらしいので、モールの両替所で。
1リンギット=30円でした)

b0164670_16572742.jpg

はい、でました!
CHANELマトラッセ風バッグ  これがたぶん、65リンギット(1950円)まで値切ったやつ。
友人が値切りがうまくてねぇ~~!さすが関西人!の押しの強さでグイグイ値切ってくれました(笑)
で、友人も白色のマトラッセを買おうとしてたので、値切ってくれたお礼にプレゼントさせてもらったよ^^
(実際の色は画像よりももうちょっと落ち着いたベージュ色です)
ちなみに、チャイナタウンでは最初に提示された値段で買う馬鹿はいないらしく
どんどん値切っていくのが流儀!

b0164670_1733520.jpg

こちらの大判ストールも、2枚で120リンギットにしてもらった気がする。
レシートが出ないのでうろ覚えです^^; 一枚60リンギット(1800円)。
手触りもなかなか良いですし、プリントもなかなかな感じ。まず遠目では分かりませんよね、偽物って。
ただ、フリンジの部分から少し糸がほつれてきます。
ベージュを姉に。ブルーを自分用に。

で、感心したのがこのプラダ風キーケースポーチ。
b0164670_1763068.jpg

b0164670_1764632.jpg

中もなかなか収容力があって使い勝手がよさそうで。後ろにもう2つ、収納できるファスナーがあって。
30リンギット(900円)にしてもらいました!
これは友達へのお土産にもっと買ってこればよかったかも~~!?と後悔しています。
色はほかに黒、赤、緑、茶色がありました。
b0164670_1782444.jpg

ほかにも、↓このタイプのバッグもほんとに完成度が高くてビックリ。
b0164670_17412482.jpg

友人いわく、「プラダのバッグがなかなかいいよ」とのことでした。
私も専業主婦じゃなくてお勤め人だったら、買ってしまっていたと思います。
それぐらい素敵でした!

たくさんのいろんな偽labelsの露店が立ち並んでいて、日本人だと分かると呼び止められます。
店によって出来のいい悪いの差があるのでじっくり見て回って買ったほうがいいですね。
今回はよく知っている友人の案内があったからこそ、サクサクと目的の物を買うことができました!
いやぁ~まったく。彼女はこの専門のツアー観光ガイドとしてもやってけるわ、と思った(笑)

ロンシャンのナイロンバッグも見分けつかないぐらいで買いだと思いましたよ。
(買わなかったけど)
現地の女性たちがよく持ってました。現地女性のほとんどがイスラムの全身を覆う装束に
ブランドバッグをぶら下げているのです!最初は「みんな、金持ちなの~?」と騙されてしまったけど
よ~~く見るとほぼ全員といっていいほど、全部が偽物なのだそう(笑)
(見分けるポイントはマークの金具)
偽ブランド品が完全に文化として浸透しきっている感じでした^^;


あと、子供たちにはラルフローレン風のコットンの肌触りのよさそうなポロシャツ2枚。
b0164670_17145229.jpg

これ、いくらやったかな~~?1枚何百円かで買ったような気がします。

お兄ちゃんのサンダルも数百円で買ったりして、このあとセントラルマーケットに行きました。
また詳しい旅行記にしたためます。

labelsといえばこの曲!SATCのサントラに使われた・・・♪Labels Or Love♪

[PR]
by usubeni-macaron | 2014-09-29 17:21 | タビ
カップケーキふたたび。
b0164670_1724078.jpg

今日は、ココアシフォン。
wiltonのマフィン型を買いましたので、早速!
今度はミニサイズ。
b0164670_17231685.jpg

b0164670_1723348.jpg

本(NYスタイルのロマンティック・カップケーキ)
b0164670_1728738.png
のレシピでは6個分なのですが
なんと18個もできてしまいました!小さくって、食べやすくなりました^^

今回も実はちょっと噴火してしまいましたが、世界一小さい火山「笠山」レベルでしょうか^^;

クリームチーズが残っていたので、今回も同じクリームチーズフロスティング。
トッピングに冷凍ブルーベリー。
b0164670_17344185.jpg

うんまっ!
今回は大成功で、ミニミニサイズなんでカップケーキ生地も飽きずに食べられます!
まさにひとくちサイズ♥
b0164670_17341192.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
b0164670_15103836.jpg

昨日、わがやに電動ミキサーが届いた。スタンド式のミキサー。藤野真紀子先生プロデュースの
メランジュール・ロボってやつ。
送料込みで19000円ぐらいでした。
もっと高級な外国製のキッチンエイドも考えたけど、そこまで作るかどうかわからないレベルなのに
5~6万もかけるのは躊躇した。で、口コミでもそこそこ良かったのでお安い国産にしました。
b0164670_15153776.jpg

b0164670_15155070.jpg

アタッチメントは3種類。クリームからパン生地まで混ぜられる。
専用ボウルは2個ついてるし。レシピも。
b0164670_15162519.jpg

一応、こんな本を買ってたのよね~。これでおサレなNY風カップケーキでも作ろう!ってわけで。
b0164670_1517276.jpg

準備万端よ~。
b0164670_15175443.jpg

ダイソーで可愛らしいカップケーキ用容器も見つけたし、スプリンクル(飾りつけ)も見つけたし!
b0164670_1524688.jpg

b0164670_15183516.jpg

混ぜて混ぜて~~!
ときどき、ゴムベラで周りについた生地なんかをこそぎ落としてやらないといけないけど。
しかし、本のレシピどおりに砂糖360gも入れる勇気がなかったので200gにしたんやけど・・。
b0164670_1520961.jpg

生地が赤いのは「レッドベルベットケーキ」だから。赤色の食紅を入れてます!

本の通りに9分目までカップに注ぎ込み、焼きましたらば・・・。
オーブンの中を見てビックリ!!
オオ!ヴォルケイノ~~?!火山です!活火山!噴火してます!!
どろどろと恐ろしいほどに溶岩が流れ出しているっ

で、こんなことになりました。ガビ~ン!(古っ)
b0164670_15224331.jpg

オーマイ、ゴッド!! (((。O゜)))(((゜O。)))
なんて不細工~~
b0164670_15283830.jpg

こんなはずじゃなかったのに。。。
もっとオサレに仕上がる予定やったのに。。。
これ以上何もする気がなくなった。。。

とりあえず冷ましながらDVDでも見てたんだけど、味見してみたらさ
甘くないのーーー!!砂糖200gも入れたのに、ぜんぜん甘くないのーーーー!!
やっぱりレシピどおり入れないといけなかったのね。でも実際にはちゃんと大量のお砂糖が
入ってるわけだし・・・恐ろしいわ~~。

やっぱりちゃんとクリームでデコしないと!!
というわけで。クリームチーズとバターと粉砂糖で「クリームチーズフロスティング」づくり。
電動ミキサーって便利~♪
デコってみました。
b0164670_15312422.jpg

こうやって合わせて食べてみるとなかなかのお味~。
このクリーム、めっちゃ美味い!
b0164670_1532141.jpg

b0164670_1532144.jpg

b0164670_15323629.jpg

初めてのNY風カップケーキづくりでした。
オサレどころかとんでもなく不細工なんになってしまいましたが、
これも修行あるのみ。今度はもうちょっとカップに入れる量も加減しよう!
記載のレシピの2倍の量で作ってみたのですが、多すぎたね^^;
(カップの量もその分増やしたんだけどねー。おかしいわぁ)

で、姉からH&Mで買ってもらっていた子供たち用の服が届きました。
b0164670_15344354.jpg

広げてみたところ、やっぱりアメリカンサイズはでかいのかな~?と思ったけど
幼稚園から帰ってきた次男に着せてみたら、袖口はまくしあげたけど
なかなかぴったりでした。
子供ってどんどん大きくなる!!
b0164670_15364076.jpg

トッピングのハートだけを綺麗にむしりとって食べてくれました。。。
[PR]

人気ブログランキングへ

今年もキャンドル点灯ボランティアとして働いてきました~。
b0164670_2175477.jpg

2014年9月13日(土)、14日(日)開催です。
18:30~21:00 香山公園(瑠璃光寺五重塔)

いつものクラスメイトのKくんと、今年は双子の女の子たち&Rちゃんもお誘いしてました。
b0164670_2182635.jpg

去年やっていたので、要領は得たり!とテキパキと働くお兄ちゃん&次男。
b0164670_2183914.jpg

去年はとてもとても蒸し暑くて汗びっしょりで作業していましたが
今年はほんとに涼しくて!快適に作業ができました。
b0164670_21105467.jpg

しかし
b0164670_21111515.jpg

風が強くって、せっかく点灯したろうそくがほとんど消えてしまうほど。

チャッカマン片手にイタチごっこのように消えてはつけて回るの繰り返し。
そしてまた消える・・・いい加減、チャッカマンのオイルも尽きてしまう。
今年はどうなるのかな~。。。と大内弘世公もご心配そうです。
b0164670_21103251.jpg

b0164670_2111445.jpg

ボランティアのこどもたちがせわしく駆け回りながら頑張りました!
b0164670_21123661.jpg

そして・・・
b0164670_21125663.jpg

コンサートが始まりました。
おかむらまりさんの歌とピアノの演奏。どこかしら、矢野顕子さんのような音楽でした。
よかったです^^
b0164670_21214452.jpg

b0164670_2129279.jpg

b0164670_21224887.jpg

b0164670_21231927.jpg

b0164670_21234692.jpg

途中、女の子二人とはぐれてしまい、30分以上会えず、お母さんたちがとても心配して
呼び出し放送までかけてもらったり・・・と。ハプニングもありましたが、無事に会えました!
ずーーーっと一生懸命、消えたろうそくに火をつけて回っていたんですねぇ~。

お疲れ様でした。

山口のの~んびりした、素敵なロマンティックナイトでしたよ^^
[PR]
b0164670_1513478.jpg

近所のスーパーでちりめんじゃこの実演試食をしていた。

とろけるスライスチーズにちりめんじゃこを載せて、ホットプレートでパリパリになるまで焼くだけというもの!

こりゃ、簡単でええ。しかも子供たちにカルシウムを摂らせる手っ取り早い方法だわ~。

と感心して1枡お買い上げ。
私が食いついていると、途端に子連れのママたちでいっぱいになり
ちょっとしたサクラのような、客寄せパンダのような仕事をして帰ってきました(笑)
いや、確実にサクラではないんだけどね。
売り子のお姉ちゃんの売り込みが上手だったというだけです^^

あくまで持論ですが、こういう売り込みが上手な人って大抵「しゃがれ声」だったりしませんか?
このおねえちゃんもタバコで喉がかれているのか(→大きなお世話)
とにかくそのしゃがれ声加減がセールストークに色を添えていて(笑)
とにかくよかったです。
いや、タバコって決め付けたら失礼ね。売り込み一生懸命で声が枯れてしまったのかもね。

b0164670_15165095.jpg

早速!
b0164670_15174775.jpg

とろけるスライスチーズを4等分した上にじゃこを載せて、弱火~中火でじっくり焼くだけ。
ひっくり返しません。油もひきません。
小学生でもできます。
b0164670_1518055.jpg

b0164670_15182812.jpg

b0164670_15184191.jpg

案の定、子供たちの食いつきが良い!すごぶる評判で、はまりそうです^^
b0164670_15192133.jpg


で・・・。
「わたしたちこれからどうなるの・・・?なに待ち?」的なN学院小のこどもたち。
b0164670_15215022.jpg

ストラップ金具取り付け待ち~。もう一度にこんなに大量に作ることも二度とないでしょう!
b0164670_15213847.jpg


応援1クリックぷりーず→
人気ブログランキングへ
[PR]
応援クリックをシルブプレ~→
人気ブログランキングへ

でーきーたーーー!!

佐賀大附属小です。懐かしいです。
お兄ちゃんは宮崎大F小→佐賀大F小→山口大F小と転校してきてますが
この中で一番わたしが好きな制服が佐賀でした。

学校の真裏に佐賀城があり(平屋←爆w)鯱門(しゃちもん)が素敵なのですが
この鯱のマークを校章にしていて、カッコいいのです!
しかも、男の子も女の子も紺地に白いラインを基調にしていて、すっきりとしていてなんとも爽やかな
印象。男の子の制帽も白いラインが通っていてカッコいいのです。
この白いラインをビーズドールで表現できるか、とっても心配でしたが
なんとかなりました・・。(え?なってるよね?汗汗)
b0164670_1393463.jpg

男の子の制帽のラインが微妙にずれちまいます・・・。致し方ないのです・・・。きっちりそろえようとすると
土台のビーズの婉曲でどこかがまたずれておかしくなるのですね・・・。球ってむずかしい。
b0164670_13102911.jpg

ところで、今回はじめてこのシンプルな赤&黒のランドセルを作りました。
いままで特殊なランドセルばかりでしたね。こんな定番をいままで作ったことがなかったことが
不思議(笑)逆に新鮮で可愛い♥ザ・小学生。
b0164670_13112861.jpg

b0164670_13114585.jpg

b0164670_1312648.jpg

女の子のセーラー服は後ろ姿こんな感じになってますが、ランドセル背負うと見えない・・・。
ランドセルは取り外し可能ですので、たまにそーーーっとはずして見てください(笑)
b0164670_1313217.jpg

b0164670_13184068.jpg

ストラップは黒ではなく、あえて白にさせていただきました。
b0164670_13173228.jpg

b0164670_13174466.jpg

すぐにでも送れます~~。

さて、これで。まとまったオーダーはひと段落いたしました。
京都N学院小のストラップ作業がまだ残ってますが、納品は10月なのでぼちぼち。

あ~~。肩が痛いし、さらに寝不足で頭が痛いです。なぜかというと、昨夜の3時半ごろ。
蓋を閉じた状態(スリープ状態)のノート型PCが急に自動で勝手に起動し
おにいちゃんがよく見ているYou tubeの画面が再生されはじめたのです。
リビングにおいてるPCですが、真夜中なのでベッドにまですっごい音量で響いてきて
飛び起きました!

なんで勝手に~~!?

実はこの現象は以前も3~4回ほどあって、そのたびに「おばけちゃうん?」と
脅かしあっている私たち夫婦なのですが、昨夜はパパが出張でいなかったので
余計に嫌な思いでPC消しに起きてからそのあとなかなか寝付けなくて・・・
無情にも朝がきてしまいました。
こんな『真夜中の怪奇現象』、ほんまにあるん?
調べてみました。

そしたらですねー。
メンテナンスが自動でされるようなのですが、それが朝方3時から5時の間に設定されていることが
あるようです。
ナニッ?!超めいわく。
でも解除の仕方がわからない・・・。

とりあえず、応急処置として、蓋を閉めたら「スリープ」ではなく「電源オフ」の状態に入るように
設定し直しました。

これでまた勝手についたら、それこそおばけさんだよね・・・(苦笑)
[PR]
by usubeni-macaron | 2014-09-11 13:28 | ビーズドール