<   2014年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今日は月1回のおにいちゃんが通う、漫画家さかもとみゆき先生による漫画教室でしたー!

今回の会場は湯田温泉の湯別当 野原で
一度母と姉たちが遊びにきたときに泊まったこともあるお宿です。

テーマは「明治維新」にちなんだコスプレで一芸をするというもの。
その後に漫画教室です。

さかもとみゆき先生、オスカルになってましたーー∑(*´◯`ノ)ノ ウヮオォォォォ!!
b0164670_16114381.jpg

ヤルゥッ~!!

エントリーナンバー5番、いよいよお兄ちゃんの手品の番!
b0164670_1692465.jpg

「拙者!侍をやめて、今日からマジシャンになるでござる!」

という台詞まで考えてきてたのですが、土壇場で恥ずかしくなったのか・・・

言えませんでした。。。
BGMに♪チャラララリラ~~♪「オリーブの首飾り」という手品定番曲もアイパッド
でかけようと母はスタンバっていたのに・・・

「音楽やっぱいらんわ!」と
言われ、かけませんでした。。。
b0164670_16161250.jpg

お兄ちゃんのアドリブだけでなんとか手品成功^^;
(見ているほうがドキドキだよ・・・次男は助手のつもりか、勝手に出て行くし・・・)
b0164670_16163059.jpg

新聞紙を使った手品。
種も仕掛けもあるんですけどね。
水を新聞紙の中に入れてひっくり返し、またそれを出す・・・というやつで。
あらかじめ、特殊なビニールを新聞紙の中に仕込んでおき、
さらに食紅の粉を仕込んでおいたので、水をいれて出すときに真っ赤になっているという!

b0164670_16192233.jpg

うまくいきましたよ~。途中で赤い水をぽたぽたと床にこぼしてしまい
どうなることかと思いましたが^^; なんとかなりました。。。
b0164670_16201643.jpg

b0164670_16224975.jpg

友達のTくんのコスプレ。なにか分かりますか??
さかもと先生が「今日のコスプレ大賞!」と大絶賛していた、そう、黒船来航の
ペリーです!!オォォ♪((*゚゚∀゚゚*))
b0164670_16235100.jpg

小道具もお父さんとの手作りで、制服に金色のテープをひっつけて改造し
かつらはスイミングキャップに毛糸をくっつけてます!すごいアイデアですよね!
Tくんも手品でした!
b0164670_16234672.jpg

b0164670_162462.jpg

先生の楽器演奏もあり~
b0164670_16242994.jpg

漫画家志望の学生さんの歌もあり~ので。
b0164670_1625540.jpg

面白かったです^^
ショーのあとは、4コマ漫画製作です。
b0164670_162625.jpg

b0164670_16262031.jpg

次男もおまけで描かせてもらってました。
b0164670_1628729.jpg

みんなで記念撮影~~v
b0164670_16285446.jpg

お兄ちゃんもTくんもかなり緊張したようですが
こういう経験も将来の役に立つはず!舞台慣れしておいたほうがお得だってばよ!(だれ?ナルト?)
男の子はとくに、一芸とか~持ちネタあったほうがよかけんねー。
(女の子たちは、大体がピアノ演奏でした!)
おつかれさま~!
[PR]
by usubeni-macaron | 2014-11-30 16:36 | コドモ
来年のスケジュール帳、どうしよう、どれにしよう・・・と散々悩んだ挙句

初の「京都手帖」にしてみましたー!

b0164670_11115724.jpg


京都に住んでないのに、なんで?

とお思いですね?

ええ、ええ。
だって、京都大好きなんですものーー。

実は本屋で「山口県民手帳」ってのも見かけたんですけどね。
そこまでの愛着はないので却下・・・。

もうスケジュール帳なんて、どっかの景品とか、タダで手に入るレベルのでよかったんですけどね^^;
b0164670_11161851.jpg

この光村推古書院の京都手帖には
京都で行われる行事がびっしり記入されているのです。
b0164670_11154186.jpg

b0164670_1116137.jpg

実際に行けないとしても、
「あ、今日は、京都でこんなことやってるんだ~」と思いを馳せるだけでも楽しめますよね。

西の京、山口からの片思い。

b0164670_11165514.jpg

b0164670_11171292.jpg


高校時代に「お寺めぐり」にはまって
同じく京都大好きな同級生Y子とよく京都に行っては
お金を使わずにただぶらぶら哲学の道を歩いたり、清水寺行ったりしてました。

そのときにふらっと行ったお寺がいまでも忘れられなくて
わたしの中でナンバー1なのですが、たぶん・・・

南禅寺

17歳ぐらいのときだったので、もう20年以上も前ですが
目の前がグリーン×グリーンの

SUPER GREEN!!だったのです!
(「フィフスエレメント」のルービーロッドの口癖のような・・・)
地面は一面こんもりとした苔に覆われていて
木々は若々しい緑一色。そして大きな池がありました。

季節はたぶん9月おわりか10月はじめごろ。(たぶん。それとも5月やったんかなあ)
薄着だったので夕方にさしかかるとちょっと肌寒かったです。

南禅寺の天授庵(たぶんココ)の縁側みたいなとこに座って
じーっと二人で庭園を眺めてました。シーンとした静寂と緑しかない世界。
それから水路閣へ行ったのですが、
だーーーれもいなくて。わたしたち以外、誰もいなかったのです!
いまなら信じられないことですね。
だからここはもしかしてそんなにメジャーな観光スポットじゃないのかな?と思ったほどです。

もう一度あの場所に行きたいとずっと思ってます。
行こうと思えば行けるのですが^^;

同じ時期に、同じ風景を見たいです。
紅葉のシーズンではなくて、真緑の、あのスーパーグリーンな風景を!

とても貴重な青春の1ページです。

これからわたしはどうやって、何をして生きていくんだろう?
やっぱり大学に入ったほうがいいのかな?
将来は何になりたいの?  とか
見えない未来に不安を抱きながら、同時に自問自答を繰り返す。
そんなお寺めぐりでした。
Y子とはワイワイ大騒ぎしておしゃべりする関係ではなく
言葉は少なくても二人で並んで歩いてるだけで
楽しい関係でした。「これ、いいね!」と思える感性が似ていました。
懐かしいな~^^
(二人のお気に入りは「哲学の道」でした)

大学時代は宇治市小倉に一人暮らししてたのですが
伏見の「寺田屋」とかめっさ近いのに、なんで見に行かなかったんだろう?!
と悔やまれてなりません・・・。

そのころから歴史好きになってればよかったのですが
目覚めるのが遅かったようです・・・。
とりあえず、いまは地方にいるので、地方の歴史探訪から攻めていこうと思ってます。
最後に大きな楽しみ(京都)をとっておきましょう。

[PR]
by usubeni-macaron | 2014-11-29 11:47 | モノ
山口のスーパーでは普通に鯨肉が売ってます。
(ほかの県でもそう?)
b0164670_11212057.jpg

下関で冷凍加工された刺身用を700円ぐらいで買ってきました。

鯨肉は、小学校の給食で食べた竜田揚げ以来。
鯨の竜田揚げはよく噛まなければいけない独特の固さがありましたが
美味しくてけっこう好きでしたねー。子供ながらに「特別な食べ物」だという意識を持って
戴いていました。

おそるおそる・・・調理して食べてみることに。

冷凍されたものを自然解凍、みるみる血がしたたってきます

大体解凍されたぐらいでスライス。
ちょっとお醤油つけて味見。
b0164670_12142012.jpg

うんうん。
マグロの赤身と、かつおを足したようなお味で、なかなか美味しい!

適当な大きさに切っておく。まな板はどす黒い血で染まりちょっとしたホラー映画さながらのキッチンになってました^^; 閲覧注意状態なので写真はなしですよー。
b0164670_12135887.jpg

鯨カレー
■材料■
鯨肉(500gのうち4分の3ほど使用)
たまねぎ1個
牛蒡2本
じゃが芋4個
パプリカ(赤と黄色)1個ずつ
固形コンソメ
カレールー(2~3種、固形のものとフレークのものがあるといい)
赤ワイン、醤油、塩、胡椒、酢

▲作り方▼
鍋にサラダ油、粗く千切りにした玉ねぎを弱火でいためる。
その間に牛蒡の皮をしごき、小さく輪切りにしたものを水にさらし
鍋に加える。
b0164670_12145171.jpg

適当な大きさに切ったくじら肉を加える。
b0164670_1215792.jpg

b0164670_12154952.jpg

塩、胡椒、(ミックスペッパーもあれば)いつもより少し多めに味付け。
肉の表面の色が変わったら、赤ワイン大匙2と醤油大匙1を加えてさっと混ぜ
b0164670_1216305.jpg

適度な大きさに切り水にさらしておいたじゃが芋を上にのせ、混ぜずに
そのままひたひたの水(いつもより少し多めがよい)を加え、コンソメを1個加えて蓋をする。強火。
b0164670_1217738.jpg

灰汁がものすごく出てきます。丁寧にあくとり。
通常のカレーをつくるときの3~4倍は灰汁がでてきました!水が少し足りなくなった・・。
b0164670_12172326.jpg

灰汁とりが終わってじゃが芋に竹串が通ったら、パプリカを上にかぶせてしばらく蓋をする。
カレールーを溶かし、最後にお酢大匙1を加えてできあがり。
b0164670_12173911.jpg

ベランダに植えているバジルの葉をちょちょっと載せてみました。
b0164670_1217593.jpg

バジルとも好相性。
b0164670_12182179.jpg

魚なのに、なんだか牛肉のような食感。歯ごたえは結構あります。
鯨肉ってどこかジビエっぽいな~と思うのですが。
調理方法も洋風にアレンジできると思うし、イタリアンにすれば美味しい気がします。

お兄ちゃんに食べさせてみました。「何のお肉だと思う?」と聞いてみたら
「牛肉?」   「ちがう~。海のお魚の仲間だよ」
「まぐろ?かつお?」  「ぶっぶ~。もっともっと大きいやつだよ」
「あ、わかった!くじら!!」
美味しい!と言ってました^^


失敗してもいいつもりでチャレンジしてみた鯨カレーでしたが
思いのほか、ふつうに美味しくできました^^

余談ですが、山口には「鯨墓」(くじらばか)があります。

ウィキペディアより・・・
山口県長門市青海島通地区の向岸寺に鯨墓がある。かつては対岸の長門市仙崎にも鯨墓が存在し、仙崎出身の詩人の金子みすゞは、鯨墓が存在する地域の慣わしに感銘し『鯨墓』を書いた。

わたしは「おいでませ!山口観光案内人検定」の受ける勉強中に知りました。
金子みすずのふるさとである、長門市仙崎の対岸に位置する青海島の向岸寺(こうがんじ)には、鯨の位牌と子鯨の過去帖があるそうです。日本では唯一の当時(沿岸捕鯨の基地として栄えた時期)捕獲された鯨の胎児を約70体埋葬しているということです。

地域の人々はただ捕獲するだけでなくきちんと鯨の霊をなぐさめていらっしゃいます。
こういうところが日本的ですよね。
海外から批判の対象とされている捕鯨ですが、乱獲しているわけではなく
日本文化のひとつとして大切にされてきた伝統漁の一種なのですから
そこんとこは世界の国々も理解してもらいたいな~と思いますね。
[PR]
ショートブーツってほんとに便利。

ドゥクラッセで約2年前に購入した黒いショートブーツ→☆
履きすぎて?湿気がついた部分が緑色に変色。カビ?
それでも普段履きにガンガン履いているが
年末帰省するときに、これじゃあ恥ずかしいので
新しく買いました。

今度はネイビー!
b0164670_1038487.jpg

ファスナーなどなくて、すっぽり履いて脱ぐタイプ。
履き心地はなかなか良いです。
しかもお手頃価格^^

chumchumというメーカーでzozotownで買いましたが、ほかにもセールになってるのとか
安くて飛びつきそうになった!

これとか~3969円よ、奥さん!
b0164670_10415114.jpg

お色違いも。これもファンキーでいいよね。
b0164670_1042314.jpg

(画像拝借)


最近はスカートを再びよく履くようになってきました。
次男もだいぶ大きくなったので、急にめくられて恥ずかしい思いをする危険性もなくなりましたから^^;
(小さい子ってお母さんのスカートの中に隠れたりするでしょう?!アレ、イラっとするよね!)
スカート履くと、なんだか楽しい気分になるから不思議。
丈の長ささえ間違えなければ、アラフォー世代を少し若返らせるアイテムだと思います^^

ちょっとニュースについて。。。

アメリカの暴動の発端となった黒人青年射殺事件ですが。

黒人青年射殺の米警官「やましい気持ない」 正当防衛を主張


口論の末2発殴られたとしても、丸腰の相手に12発も打ち込む警官が相当のビビリ~で
chickenだったとしか思えないのですが。

銃を使う前に、(使えるのなら)武術で相手をひっくり返すとか、
打つにしても、足に一発打てば充分やと思うし。

昨日、テレビで警官本人がインタビュー受けてるの見ていましたが、
質問者が「打つ以外に方法はなかったのですか?」という問いかけに対して
「NO!」ときっぱり答えていたので、この警官、頭悪い気がしました。

NO!って思いっきり断言することで自分の正当性を無理やりにでも主張したい魂胆みえみえ。
う~ん。
黄色人種のわたしから見たら、やはり黒人vs白人の構図ありきの事件だったようにしか見えないのですが・・・。
黒人が怒るのも無理はないとは思うけれど
あのハチャメチャな暴動の様子を見ると・・・日本人の感覚ではない(日本ではありえない)ので
あれはあれで、やりすぎな感じがいたします。
白人の言い分もあるのでしょう。
アメリカも問題が多い国ですよね。

[岩田太郎]【「黒人」大統領に救済されない黒人】~米・黒人青年射殺事件:大陪審不起訴~ファーガソンの怒り〔1〕


[PR]
by usubeni-macaron | 2014-11-27 11:09 | オシャレ
最近、キラキラネーム流行も少し落ち着きを見せ初めているかな?
と思いますが、実際はどうでしょうかね^^;
yahoo記事「2014年命名ランキング」


わたしたちの年代(70年代前半)生まれは女の子なら必ずといっていいほど「子」がついてましたから
逆に「子」がつかない子供のほうがそれはそれは珍しい存在でした。
→よくよく考えれば、「~美」「~恵」「~代」もそれなりに多かったですね^^;訂正させていただきます。

面白いサイトを見つけました↓
年代別こどもの名前ランキング
60年代までは「○子」全盛期ですが、「○美」が徐々にランクインしてきます。70年代に入ると「○子」が半分に減っていき、80年代に入ると「○子」が少数に。90年代からは「○子」が姿を消しました。マルコや~~(泣)

うちの親も保守的な考えの親なので、例に漏れず私の名前もゆりこで「子」がつきますし
姉も、当時流行り名前だった「ゆうこ」で子がつきます。ゆうこの漢字は「優子」で、「祐子」に並んで多いものでした。「佑子」になるとわたしたちより少し下の年齢というイメージ。「裕子」は少し上かな。
「夕子」になると京都のおたべ(生八橋)ですね^^;

思春期になると「子」がつかない名前に憧れが出て
中学高校時代は友達たちが「ゆり!」と呼んでくれたことがとても嬉しくて
その呼び名が大好きでした^^

小学生時代の呼び名は「ゆっこ」でした(笑)

大学時代はみんな遠慮してか「ゆりちゃん」。
わたしも周りの友人に対しては「ちゃん」づけしてました。
ちゃんづけすることで、「親しき仲にも礼儀あり」というか適度な距離感をあえて置いていた感じがします。

社会人から現在では、もう苗字で「さん」づけ。そこから親しい間柄になると「ゆりこさん」となっています。

「子」がつくことがあまりにも普通すぎて「子」ってなんなんやろう?まるで必ずつけなければいけないようなお約束事のような文字のように感じていましたが、「子」がつかない名前が当たり前になった最近は逆に「子」がついてる女の子を見つけると「お!なかなかいい親だな~」なんて感心してしまうようになりました。

そもそも「子」にはどういう意味があるのでしょうか?調べてみたら意外と知られていない
大事な由来が見えてきました。(以下文章、いろんな記事の抜粋含まれています)

女の子の名前に付く「子」の字の深い意味

子という字は、「一」と「了」の組み合わせでできています。
ただ単に子供の「子」という意味ではなく、
「一」から「了」まで、つまり“生まれてから死ぬまで”
自分の人生を全う出来るようにという想いからきているそう。

優子なら「生まれてから死ぬまで優しくいられるように」
という意味。

ちなみに、わたしは4人兄弟で姉も私も弟二人も親が勝手に名づけたのではなく
お坊さんに名づけてもらったそうです。一番下の弟以外は高野山だっけな?どこぞの高僧に
高いお金払ってつけてもらい、一番下だけはもう面倒くさくなったのか?!近くにある「中山寺」(兵庫県宝塚市)でつけてもらいました。中山寺が一番お安くついたのに、一番賢かったのは一番下の弟だったという(笑)
弟たちの名前は父親の名にちなんで最後に「司」をつけてもらって揃えています。
(姉のときは「優子」か「道代」?か、候補があったそうで、父が「道代」を選ぼうとしていたのを8つ年下の母が慌てて「優子」にさせたそうです。「ゆうこ」が流行っていたんですね~。そういう名づけにまつわる親の経緯を聞くのも面白いですよね。)

名は体を表す、といいますから、私自身も自分の子供に名づけするときは怖くて
中山寺にお願いしました。一応の希望は伝えることはできます。ただ生まれた日にちや時間、両親の名前など、いろんな角度から観てくださるので、必ずしも希望の名前にはなるという保証はなく
希望の音になっても、漢字が違うものになったりとかあるし、(お兄ちゃんがそうでした)
うちの次男に関しては音すら、ぜんぜん希望とは違う名前で返ってきたのでびっくりしました。!
それでもよくよく考えてくださった結果「これが最もベストな名前」としてくださってるのだと信じて
そのまま名づけさせていただきました。いまでは息子二人ともにいいお名前をつけてくださったな~!と感謝しています。(二人とも「~太朗」で揃えてくれました)

「~子」はロイヤルな意味をもつ高貴な名前だった

また、「子」がつく名前は大昔は身分の高い男性の名につけられていました。
小野妹子とか、蘇我馬子とかですね。
それが次第に皇族や、高級官史の配偶者が、その地位にふさわしい「子」の付く名前を使いだし、
明治時代あたりに庶民にも普及したとされています。
華族でいうと「白蓮」として有名な柳原 燁子(やなぎわら あきこ)がいますね。
b0164670_12472361.jpg

社会進出を果たす女性もまた積極的に○子に改名。
小泉八雲によると、一般の女性や芸妓までもが、子を名乗りだしたため、ある新聞が法律で禁止せよと要望したほどだとか。

こういう経緯を知ると、自分のオーソドックスな名前にも愛着が湧いてくるというものですね。

個人的には、名づけは親の自由だと思いますが
わが子が「生まれてから死ぬまで」その名前を名乗って生きていく「意味」をしっかりと考えて
つけてあげて欲しいと願いますね。

そう、それで。わたしは一度だけ他人から

「○○(私の旧姓)って、ゆりこって言うん?へぇ~~・・・・。名前負けしてるね。

と言われたことがあったんですよ。
最初の会社勤めしてたときの女の先輩で、どちらかというとだらしない風の馬鹿っぽい人だったので
そんな人からそんなことを言われたことも驚きでしたが、「どういう意味で??」と勘ぐらずにはいられないほどイラッ!としたことがあります。
いまでもその真意はわからないままです。もしかしたら「ゆりこ」に清楚なイメージを持っていたのかもしれません。それなら納得いくんだけどね。ぜんぜん清楚じゃないからさっ(笑)
(「百合子」なら確かに大人しく清楚なイメージですよね。でもわたしは「由理子」で、ちょっと気が強い系です)

自分の名前の意味、知ってますか?
わたしは「由理子」の名前の意味、いまだにいまいちよく分かっていません。。。
音の響きは気に入っています。「理」という漢字も好きですが
どこか融通が利かない頑固者のようなイメージもありますね。当たってるんですけどぉ~



[PR]
by usubeni-macaron | 2014-11-25 12:54 | コト
今日は次男の七五三でした。
b0164670_18381330.jpg

連休中で大安吉日。しかも天気がよかったせいか
とっても混んでいて、12時に行ったのでそろそろ空いてるかと思いきや
とんでもございませんでした!
b0164670_18411145.jpg

お宮参りと七五三の家族でごったがえす山口大神宮。

ほかにめぼしい神社がないので一箇所集中です^^;

前の回の方たちのご祈祷の途中で退出されてきた親子がいてどうしたんだろう?と思っていたら
女の子が嘔吐して痙攣してました。その後
救急車がやってきてちょっと騒然としてました。
今日は暑かったし、ひきつけかな??

30分以上待ってようやく番がきました~。

b0164670_18564611.jpg

きちんとお着物で来られているママもいて、子供と同様に気合入ってました。
わたしは普段着・・・実は明日行く予定だったので、お兄ちゃんもパパもほかに予定があり
私と次男の母子のみでした。(明日は天気が崩れそうだったので)

山口天神祭も見に行きたかったので、もうついでに行っちゃえ~~!と
ちゃちゃっと済ませてきました^^; ごめんね、次男。。。
(去年ちゃんと瑠璃光寺で着物で前撮りやってますから~)→

30分のご祈祷も大人しく聞いていた次男。
最後に、玉ぐしを持って神前で二礼二拍手一礼をするはずが・・・
ひっくり返って「二拍手二礼一拍手」を堂々としてしまい、後で気づいて
マジ恥ずかしかったです(笑)
ほんとに私ってバカだねー。
バカにつける薬はないからね~。ある意味、不治の病じゃ。どんまい!
b0164670_1955158.jpg

↑男前に撮れたでしょう?ぷぷぷ。

b0164670_196456.jpg

このあと、井筒屋前の中市商店街のほうへ向かい、山口天神祭の参勤交代行列を見学。
b0164670_1974366.jpg

b0164670_198115.jpg

b0164670_1983415.jpg

馬が高くて怖いんでしょう・・・かわいそうに泣きながら乗馬させられてる男の子^^;
b0164670_1992995.jpg

備立行列(そなえたてぎょうれつ)
b0164670_19124682.jpg

b0164670_19132612.jpg

このあとに御神幸行列(ごじんこうぎょうれつ)が続いてましたが
う~~ん。なんだか
「ふつう」といった感想です^^;
一度見ればもうええでしょう。
ミスドでお茶して帰りました。(次男は汁そば)
b0164670_19145732.jpg

山口大神宮の石階段にもみじの染み みーっけ!
[PR]
by usubeni-macaron | 2014-11-23 19:15 | コドモ
昨日は大内塗り教室。
b0164670_8205826.jpg
 
と、その前に
同じ敷地内(ふるさと伝承総合センター)で
「大内人形まつり」が開催されているということで、見てきました。
b0164670_821252.jpg

翌日(23日)が山口天神祭なので
竪小路の軒先に白い紙(紙垂 しで)が等間隔でぶら下げられていました。
b0164670_8231291.jpg

b0164670_8234952.jpg

b0164670_8242983.jpg

b0164670_8251062.jpg

これが大内塗りです。
6人の作家さんたちの作品が展示即売。
わたしの先生である、富田潤二先生の作品がこちら↓
b0164670_8265728.jpg

b0164670_8272269.jpg


ほかの作家さん。トップ画像のサンタさんなど変わりネタ大内人形も。
b0164670_8293985.jpg

b0164670_830458.jpg

b0164670_8362696.jpg

b0164670_838074.jpg

b0164670_8393761.jpg

どれも高すぎ~~!!
b0164670_8355412.jpg

「まなび館」の中にもいくつか売ってますが、こちらはお手頃価格ですよ。おすすめです。
私が狙っている作家さんの大内人形。こけしも欲しい~~!
b0164670_835695.jpg


さて、大内塗り教室へ。
b0164670_8403816.jpg

女の子の扇に金箔を貼り付けました。
同時進行のまげわっぱ弁当箱、キウルシを塗った上から砥の粉(とのこ)をふりかける作業
2回目に入りました。また乾かします。
b0164670_842164.jpg

b0164670_8425044.jpg

[PR]
次男が幼稚園で借りてきた絵本 『おひさまパン』
b0164670_19261811.jpg

b0164670_1924874.jpg

動物村に厳しい厳しい冬がやってきて太陽さんが隠れてしまいました。
みんな寒さにふるえてうんざりしています。
犬のパン屋さんがおひさまパンを作ります。
おひさまパンを食べた動物たち、あまりの美味しさに体がふわふわと浮いて
空まで上がっていきました。踊ったり歌ったり、みんなとっても楽しそう。
動物たちの楽しそうな様子に誘われて
隠れていた太陽さんが顔をのぞかせました。
パン屋さんは太陽さんのためにもパンを焼いてあげました。
パンを気に入った太陽さん、ふたたび動物村を暖かく照らしてくれるようになりました。
めでたし、めでたし^^

裏表紙におひさまパンの作り方が載ってたので、次男と一緒に作ってみることに!!
b0164670_19243185.jpg

●材料●
強力粉 3カップ
ドライイースト 6g
温めた牛乳大匙3
卵2個(ほんとは3個とありましたがさすがに多い気がして1個減らしました)
砂糖 大匙3
溶かしたバター80g(ほんとは100gでしたが、減らしました)
塩 小さじ1

●作り方●
材料のすべてをホームベーカリーに入れ、第2発酵まで。
b0164670_19245496.jpg

生地を2等分して、ひとつを丸めて手でひらたく伸ばし、顔にする。
もう1つの生地から少量とり鼻をつくり、水で顔につける。
箸やスプーンなどを使って目と口を描く。(穴があくほどしっかりと)
残りの生地でおひさまのコロナを作り、水でくっつけていく。
b0164670_19251960.jpg

180度のオーブンで焼いてできあがり。
(鼻が先に焦げるので途中でアルミホイルをかぶせて)
b0164670_19265695.jpg

できたよ~~!!
b0164670_19271672.jpg

食べてみ~!
b0164670_1927528.jpg

うん!おいしい~~!
昔のパンの味がするね~。昔、お母さんと一緒に作った懐かしい動物パンの味だ~。
b0164670_19282111.jpg

ちゃんとできるもんですねー(笑)感心感心^^
b0164670_19312968.jpg

[PR]
b0164670_12462829.jpg

昨日は朝から買い物後に赤田神社に紅葉の写真撮りに行き、昼過ぎに幼稚園へ次男をお迎えに行き
そのまま小学校へ親子清掃。

掃除道具は各自持参なので、雑巾以外に、サッシの掃除に使える「水圧ジェットブラシ」を持ってったの。
そしたら、すごい人気でね・・・(笑)
我が家ではほとんと使ってなくて、大掃除のときぐらいしか出番がないんやけど。。。

特に女の子が使いたがっていて、ちょっとした取り合いになっていた(笑)
「これ、どこで買ったんですか?」と聞かれました(笑)通販やったかな~??うろ覚えです^^;

幼稚園の制服姿のままお兄ちゃんの学校につれていった次男は、すぐに女子たちに囲まれて(女の子は小さい子が好きやね)
「そっくり~!」「似てる~~!」「下の名前なんていうの?」と、いじられて恥ずかしそうにしていましたがお掃除の時間になるとおお張り切りで4年生の教室を一緒になって綺麗綺麗してました。

1時間ずっと掃除でした。わたしは白い壁についた手垢や泥や習字の墨が飛び散った汚れをメラミンスポンジで真っ白にすることにハマって一生懸命になっていました・・・。終わったあとは指がガッサガサ!
終了すると次男を連れてそのまま次男のスイミングへ=3 昨日はとっても busy!busy!

夕方プールから帰宅してすぐに次男用にハンバーグ作って「はい、できたよ~!」と持ってったら
ソファに突っ伏して スーカラスーカラ 寝ていた次男でした。
頑張ったもんね~!お疲れさまでした!

今日は~!ちいさなアップルパイを作ってみたよ。

■材料■
紅玉りんご(半額になっていた!)4個
バター50g
さとう120g
レモン汁大匙1
シナモン小さじ1
冷凍パイシート2枚

▲つくりかた▼
b0164670_12375927.jpg

フライパンに
いちょう切りにした紅玉、バター、さとう、レモン汁、シナモンを入れ
中火でじっくり炒めます。
b0164670_12382077.jpg

できあがったら冷ましておく。

冷凍パイシートを室温に戻し、ある程度柔らかくなったところでコップのふちを利用して
丸くかたどる。大きさはカップケーキ型にあわせる。さらに一回り小さいコップでも丸くかたどる。
お弁当デコ用の型で花形を抜き取っておく。
b0164670_1240671.jpg

b0164670_1242353.jpg

カップケーキ型にパイ生地の大きい円をしき、りんごのフィリングを詰める。
上に小さい円をかぶせて、ふちをフォークで押さえる。
b0164670_12425914.jpg

卵液を掃けで塗り、オーブンで焼いてできあがり!
b0164670_124332100.jpg

b0164670_12442199.jpg

裏はこんな感じ。
b0164670_12444817.jpg

b0164670_1245548.jpg

b0164670_12452337.jpg

b0164670_124541100.jpg

小さくて美味しくて食べやすい^^
今年最後の紅玉かな~!
[PR]
山口市吉敷にある「赤田神社」へ
紅葉を見に行ってきました
家から車で10分ほどです。

着くとすでに一眼レフや三脚を抱えたおじちゃんカメラマンで賑わっていましたが
コンデジ女子ひとりで頑張ってきました!
b0164670_11134321.jpg

b0164670_11145091.jpg

b0164670_11151278.jpg

b0164670_1115331.jpg

撮らせていただく前に100円お賽銭箱に投げ入れてご挨拶させていただきました。
b0164670_11231317.jpg

b0164670_1123276.jpg

b0164670_11234465.jpg

b0164670_11235999.jpg

b0164670_11242625.jpg

b0164670_11244485.jpg

b0164670_112511.jpg

b0164670_11251514.jpg

b0164670_112536100.jpg

5月にはこの川で蛍が見られます。穴場スポットなのです。
b0164670_11263778.jpg

澄んだ川で鴨さんが泳いでいらっしゃいました。
b0164670_1127842.jpg

b0164670_11272643.jpg

b0164670_11292332.jpg

b0164670_11294146.jpg

b0164670_1130012.jpg

b0164670_1130181.jpg

b0164670_11303531.jpg

b0164670_11305332.jpg

b0164670_1131113.jpg

b0164670_11312756.jpg

b0164670_11314479.jpg

b0164670_1132426.jpg

b0164670_11322424.jpg

b0164670_11324512.jpg

b0164670_113546.jpg

b0164670_11353252.jpg

b0164670_11361796.jpg

b0164670_11365623.jpg

b0164670_11371424.jpg

b0164670_11363655.jpg

おじちゃんカメラマンたちは紅葉の全体的なバランスのとれた美しさを切り取ろうとしているのに対して
わたしはおじちゃんたちとは違うアングルで撮っていたので
なにを撮っとるんや、変な子やな~
と思われていたに違いないと思うのです(笑)
しかもコンデジやし!
いつかこのおじちゃんたちとも交流してみたいと思いました。
[PR]