タグ:おやつレシピ ( 57 ) タグの人気記事

b0164670_9435925.jpg

今日はおにいちゃんがお友達のお宅にお呼ばれの予定なので

朝からミニカップケーキを焼き
b0164670_9445765.jpg

アイシングをかけ、NYC土産のスプリンクルをトッピング♪
b0164670_9454972.jpg

クリスマスに逆戻りした(笑) 生地レシピはこちら→
b0164670_9465446.jpg

おにいちゃんはバスで通学しているので、近所にクラスメイトが住んでいません。

いつも学校帰りにそのまま学校近くのお友達のお宅に転がり込んだり、
(携帯電話でわたしにちゃんと事前承諾させます)
一旦帰宅してあっという間に着替えて自転車にまたがり、あっという間に大きな公園まで向かい
1時間ほどしか遊べなくても一生懸命お友達たちと落ち合おうとしている小学4年生です^^

お友達と遊ぶのがほんとうに楽しい年令なのですね。
わたしも小学生時代によく学校の裏山に探検に行ったことを思い出します。

わたしはもともとお友達づきあいが下手で、上手な距離感が分からずよく失敗をしていました。
たぶん、周りから見てもつかみづらい性格だったんじゃないかな。
天邪鬼だし、プライド高いし、頑固だし、トラブルを避けようとして曖昧な態度に出るし、一人になりたがるし(笑)
いま思うと、心のどこかで寂しい思いと、一人のほうが気楽という真逆な思いが同じぐらいの割合で交錯した性格だったんだと。小2のころは休み時間に誰とも遊ばず、風がわたしのスカートをめくるので風から逃げる・・・というふうに(笑)「風」と遊んでるほうが気が楽だと思っていた変子ちゃんでした。

35歳ぐらいになってようやく自分のこういう性格が正確につかめ、無理にお友達づきあいをしなくても済むように自分の中で寂しさと自立のバランスが取れて、割り切れるようになり、とても楽ちんになりました。むしろ大きくなるにつれて、寂しさの割合が減っていきました。一人でいることに対する周りの目もまったく気にならなくなりました(笑)

現在の精神バランスが保てるようになるまで長い年月がかかったように思います^^;
みんな、そんなもんなのかな??

そんな私に比べると・・・お兄ちゃんはもともと人付き合いも上手で、すでに自分の世界もちゃんと持っているし
周りに振り回されることもなく、小学生なのになかなかバランスの取れた性格をしています。

いまは同年代のお友達たちとたくさん遊びなさ~い♪
誘ってくれるということはとてもありがたいことですからね^^
b0164670_10121665.jpg

パック詰めすると、たこ焼きのようになりました。
b0164670_10124535.jpg

この柄つきワックスペーパーはダイソーです♪

そうそう、それに。
「痩せたい」といいつつもちょい太りぎみな私を気に入っている自分がいることも確かです。
以前、アユールヴェーダ学を少し勉強したことがあり、
痩せ型(ヴァータ)・中肉中背型(ピッタ)・ぽっちゃり贅肉型(カファ)と人間はおおまかに3パターンに分類することができるのですが
性格もまたそれぞれのタイプに特徴づけられているわけです。
ここから、性格や思考、行動において陥りやすい傾向というものが分かります。
b0164670_10334810.jpg

どのタイプが診断してみるなら→

自己診断では痩せていた20代のころはヴァータ気質が多かったのですが
現在はピッタ気質が多いと感じています。
上の診断をやってみると、やはりピッタ気質(+カファ気質)になりました。

痩せていたころは神経質ぎみでとても疲れやすく、精神的にも参りやすかったのが
いまはとてもハツラツとしていて、多少のことでいちいち気に病むこともなく、心穏やかに過ごせているのです。
それもこれも、少しぽっちゃりしているおかげですから~(笑)
なかなか真剣にダイエットできないのですーー!!
[PR]
赤いデビルスフードケーキを作ってみました。
b0164670_12115788.jpg


自分でいうのもなんですが、、、かなり美味し~い配分の生地が出来上がりました!!
レシピはデビルスフードケーキとレッドベルベットケーキを足して2で割ったような・・・
名づけて、レッドデビルスフードケーキ♥

▲レッドデビルスフードケーキ▼

小麦粉 165g
ベーキングパウダー 小さじ1と3分の1
重曹 小さじ3分の1
ココア 小さじ1
食紅(赤) 小さじ1
(ここまでの粉類はすべて2回ふるっておく)

バター 75g
砂糖 145g
卵 1個
牛乳 135cc

デコレーション用チョコレート(明治の板チョコ2~3枚)粉砂糖

■作り方■
粉類はすべて合わせて、2回ふるっておく。
室温に戻したバターをよく練ってから砂糖を少しずつ加える。泡だて器でよく混ぜる。
卵を2回に分けて加える。
牛乳を3分の1加えて混ぜる。(ここまで泡だて器)
ふるった粉類の3分の1をいれ、さっくり混ぜる。(ここからゴムベラ)
残りの牛乳と粉をいれ混ぜる。
b0164670_1274916.jpg

エンゼルリング型か、シフォンケーキ型に流しいれ180度~150度のオーブンで約30分焼く。
(最初180度で途中で少し温度を下げる)
竹串を刺して何もついてこなければできあがり。
b0164670_128286.jpg

湯煎でチョコレートを溶かし、牛乳(好みの分量)を少しずつ加えてトロっとさせる。
チョコレートをかけて冷ましてから最後に粉砂糖を茶漉しでふりかける。

実は、最初はホワイトチョコレートがけにするつもりでしたが、買ってきたダースのホワイトチョコ1箱じゃあ、ぜんぜん足りなくて!!買っておいた明治の板チョコ2枚を急遽、湯煎して、牛乳を少しずつ加えてどろりとさせて先にかけていたホワイトチョコレートを隠したのです^^;
ちゃんと量があれば、ホワイトチョコオンリーでも可愛いと思います^^
(ちなみに、その場合は「レッドエンジェルフードケーキ」になりますが)
b0164670_12172125.jpg

b0164670_12222924.jpg

b0164670_12134865.jpg

b0164670_1217140.jpg

カットすると真っ赤な生地がお目見えします!!

美味しいよ~~^^

小さなカップケーキでたくさん作っても可愛いね♥
[PR]
お気に入りのオーマイのホットケーキミックスを使って。

レシピは商品パッケージの裏に記載されている「焼きドーナツ」です。

ホットケーキミックス1袋(200g)
卵 1個
牛乳 100ml
サラダ油 50g

すべてを混ぜ合わせる。

ミニサイズのカップケーキ容器に流し込み
あんこ、ジャムなどをポン!
b0164670_15573793.jpg

180度のオーブンで焼くだけです。
b0164670_15575117.jpg

b0164670_15586100.jpg

ジャムはほんの少量にしておくほうがいいみたいです。
爆発します。。。
あんこ、りんごジャム、苺ジャム、何ものせないシンプルタイプの4パターン。
b0164670_15583666.jpg

ホットケーキミックスがベースなので、甘さはほとんどありません。
冷蔵庫の中がすこし片付きました。
b0164670_1614628.jpg

b0164670_162926.jpg

[PR]
■おからゴマクッキー■

オリーブ油(サラダ油)大匙6、砂糖60g、卵2個をボウルでよく混ぜる。

ふるった薄力粉120g、おから60gを加えて切るように混ぜる。

白ゴマ適量混ぜる。

生地を手で丸めてオーブンシートの上で平らにつぶし、形を整え
竹串で目、鼻はナイフで、口はスプーンを使って描き
頭の部分だけ黒ゴマをつける。(生地にサラダ油を少し塗るとくっつきやすい)

180度のオーブンで焼く。
b0164670_20462811.jpg


ちょっとした禿げ面で素朴な味。
いや、スポーツ刈りか。
うちは息子しかいないので、ぜんぶ男の子でっす。

b0164670_20482544.jpg

b0164670_20484382.jpg

フォトスタイリングの本を読んだばっかりやから、スタイリングにちょっと気合入れてみたよ。

小道具、並べすぎた?

b0164670_20493885.jpg

b0164670_2049592.jpg

b0164670_2050242.jpg

b0164670_20504470.jpg

スタイリングって・・・

奥が深ーーい!!
[PR]
b0164670_12462829.jpg

昨日は朝から買い物後に赤田神社に紅葉の写真撮りに行き、昼過ぎに幼稚園へ次男をお迎えに行き
そのまま小学校へ親子清掃。

掃除道具は各自持参なので、雑巾以外に、サッシの掃除に使える「水圧ジェットブラシ」を持ってったの。
そしたら、すごい人気でね・・・(笑)
我が家ではほとんと使ってなくて、大掃除のときぐらいしか出番がないんやけど。。。

特に女の子が使いたがっていて、ちょっとした取り合いになっていた(笑)
「これ、どこで買ったんですか?」と聞かれました(笑)通販やったかな~??うろ覚えです^^;

幼稚園の制服姿のままお兄ちゃんの学校につれていった次男は、すぐに女子たちに囲まれて(女の子は小さい子が好きやね)
「そっくり~!」「似てる~~!」「下の名前なんていうの?」と、いじられて恥ずかしそうにしていましたがお掃除の時間になるとおお張り切りで4年生の教室を一緒になって綺麗綺麗してました。

1時間ずっと掃除でした。わたしは白い壁についた手垢や泥や習字の墨が飛び散った汚れをメラミンスポンジで真っ白にすることにハマって一生懸命になっていました・・・。終わったあとは指がガッサガサ!
終了すると次男を連れてそのまま次男のスイミングへ=3 昨日はとっても busy!busy!

夕方プールから帰宅してすぐに次男用にハンバーグ作って「はい、できたよ~!」と持ってったら
ソファに突っ伏して スーカラスーカラ 寝ていた次男でした。
頑張ったもんね~!お疲れさまでした!

今日は~!ちいさなアップルパイを作ってみたよ。

■材料■
紅玉りんご(半額になっていた!)4個
バター50g
さとう120g
レモン汁大匙1
シナモン小さじ1
冷凍パイシート2枚

▲つくりかた▼
b0164670_12375927.jpg

フライパンに
いちょう切りにした紅玉、バター、さとう、レモン汁、シナモンを入れ
中火でじっくり炒めます。
b0164670_12382077.jpg

できあがったら冷ましておく。

冷凍パイシートを室温に戻し、ある程度柔らかくなったところでコップのふちを利用して
丸くかたどる。大きさはカップケーキ型にあわせる。さらに一回り小さいコップでも丸くかたどる。
お弁当デコ用の型で花形を抜き取っておく。
b0164670_1240671.jpg

b0164670_1242353.jpg

カップケーキ型にパイ生地の大きい円をしき、りんごのフィリングを詰める。
上に小さい円をかぶせて、ふちをフォークで押さえる。
b0164670_12425914.jpg

卵液を掃けで塗り、オーブンで焼いてできあがり!
b0164670_124332100.jpg

b0164670_12442199.jpg

裏はこんな感じ。
b0164670_12444817.jpg

b0164670_1245548.jpg

b0164670_12452337.jpg

b0164670_124541100.jpg

小さくて美味しくて食べやすい^^
今年最後の紅玉かな~!
[PR]
今朝は食いしん坊な次男のために
ホットケーキミックスで「焼きドーナッツ」を作ってみました。
いつものオーマイ ホットケーキミックスの裏面に作り方が載っていました
b0164670_16132794.jpg

b0164670_1614255.jpg

型に油塗ってなくても、ぽこんぽこん、綺麗に抜けました。
b0164670_16144014.jpg

練乳チョコレートとパラパラかけてできあがり!子供たちにはこうやって食べさせましたが
b0164670_16152425.jpg

これ、かけなくても、そのままで十分美味しかったです^^

昨日は幼稚園で七五三祝福式というのがあり、千歳飴などもらって帰ってきました。
ミニチュアサイズでかわいいです。
b0164670_16164880.jpg


島根県奥出雲の舞茸を天ぷらにしてそばに乗っけてお昼ご飯。
b0164670_16175590.jpg

舞茸天ぷら、うまっ!
b0164670_16183256.jpg

b0164670_16185166.jpg


ひきつづき、呉善花さん著の本にはまっている、「呉善花さんまつり」状態の私です。
1日1冊以上のペースで読んでます。
b0164670_16195347.jpg

「私はいかにして日本信徒となったか」(1999年出版)
「漢字廃止で韓国に何が起きたか」(2008年出版)

わたしは読む順番がてんでめちゃくちゃで(出版年の古いほうから読んでいない)
タイトルだけを見て、気分で読み進めていってますが
代表作である「スカートの風」をいまだ読んでないことに関してはちょっとミスってしまったと思っています。
ま、あとでもいっか。呉善花さん関連の書籍を9冊借りてきてるのでそれ全部読んでから。。。(水商売関係の話はいまそこまで読みたくもない)

「漢字廃止で~」のはほんと衝撃的でした。
韓国は中国から伝わった漢字を46年前の1968年に捨ててしまった国ですが
漢字を捨ててしまい、ハングルのみを使用してきたことで
思想にまで大きく弊害をもたらしているという事実。
日本に置き換えると「平仮名とカタカナ」だけで一部の学者以外の国民が暮らしているという。
こんなこと、考えられませんよね。ありえませんよね。
漢字を表記しないことでほとんどの熟語(日常生活に不必要な熟語)がまず使われなくなります。
しかも、過去の漢字で書かれていたころの歴史的文献を読めないのです!
そりゃ、歴史捏造にもつながりますわ・・。「こうありたい、こうあってほしい」という願望ありきの歴史がどんどん出来上がっていくわけですよ。恐ろしいったらありゃしない!五千年の歴史と勝手に捏造・豪語しているのもこういうからくりがあったわけですね・・・。かわいそうに。

「歴史を直視しない国に未来はない」とパククネさんおっしゃいましたが、ブーメランでそっくりそのままお返しします。
しない、というよりはもはや「できない」と言った状況に追いこまれているといったほうがよいのか・・・とにかく終わってます、国家として。
つまり、思考能力が低下していくんですって。抽象的事象に思いを馳せることができなくなるそうです。
難しいことを冷静に客観的に考えられなくなるから、すぐ感情論に走ってしまうという。
まるで中学生レベルですよ!!まじでヤバイ。
逃げよう、逃げよう。日本は、こんな国をまともに相手する必要なし。
そう考えると漢字という表記文字を、音読み以外に訓読みを生み出したことにより
「中国から渡来した外国語」という壁をとっぱらって、完全に自分たちの言語として活用し置き換えた
日本人って・・・・賢い。(韓国では漢字の訓読みはなかったのです、だから簡単に廃止できた)

b0164670_16313872.jpg

これ、めっちゃ面白かったです!!
呉善花さん(韓国)と石平さん(中国)と黄文雄さん(台湾)の三者鼎談によるもの。
(2008年発行)

これからどのように中韓と向き合っていくべきかが読み取れます。
呉さんいわく、そろそろ日本は「敗戦後遺症」ともいうべき自虐史観から脱却すべきだと。
そういう日本人特有の「反省していたい」感情につけこむのが中韓であると。

そういう風に読み取りました。わたしたちの親の世代は戦中と戦後の団塊世代に分かれますが
(戦中に出生もしくは幼少期、戦後に子供~青年時代だった)その方たちは真実をよくわからないまま、知らされないまま、彼らは十分に反省をして賠償をしてきました。ついでに言うと、朝日新聞というちょっとした反日新聞により、日本は中韓に対してひどいことをしてきた、侵略戦争を仕掛けたと思い込まされ洗脳され、いまだにその洗脳から覚めずにいる団塊世代の多いことにも嘆かされます。

もう反省は十分だと思うのです。しかも不公平な東京裁判でたくさんの日本人が裁かれました。
その英霊たちがすでに罪(があるとするならば)を償っていると思います。
いつまでも敗戦後遺症に甘んじているのではなく、団塊ジュニアであるわたしたちの時代から
きっぱり新しい日本の思想を持ち始めるべきだと思いました。
自虐史観はもうやめにしよう。新しい日本として出発しなければわたしたちの子供たちの未来が危ないと
思いました。

あああ、もっと勉強しなくちゃ!!いまごろ気づいてヤバイっす。
しばらくは本の虫となります。
[PR]
今日はお兄ちゃん、初のオープン模試の日でした。

学習塾の模試会員になっています。無料。
初でしたから、かなり緊張していたようで
会場の隣の席が偶然にもいつもよく遊んでいる同じクラスのKくんだったにもかかわらず
Kくんであることに気づいたのは1時間目の算数のテストが終わった後だったそう。

しかもKくんも、隣がお兄ちゃんであることに気づいていながら
まったく話しかけてこなかったという・・・
どれだけガチガチやったんすか!あんたら~(笑)
小4男子、ウケるわ~。

算数・国語・理科・社会の4教科の模試を受けて帰ってきたおにいちゃんはさすがにクタクタ。
早速配布された答案を一生懸命、自己採点するわたし。
(何って書いたの?どれにしたの~?!!とヤイヤイ言いながらなんとか点数をたたき出しました)

総合で300点以上とれていたら3DSのカセットを買ってあげるという「えさ」をぶら下げていたのですが
算数+理科+社会・・・の時点で到底300点に届かないことがわかると
泣き崩れたお兄ちゃんでした・・。

もぉ~~!泣くなよ!
泣いて悔しがるほど勉強したのか~?!」と叱咤激励しましたが、わたしも心の中ではしょんぼりだよ。
前夜に一夜漬けのように理科の参考書をさらっとやらせておいてまだマシでした。
それだって、わたしが無理やりやらせたのに・・・。そんな悔しがるぐらいなら
最初っから自分で勉強に励め~~!!!と言ってやりました。。。

まだ4年生やし!大丈夫、大丈夫。中受本番までまだ時間はあるんやから!
と自分に言い聞かせる。。。

そんなときはお菓子を焼くに限る。
オーブンの中でどんどん焼けていくケーキをじーーーーっと見つめていると癒される。
「大丈夫、ちゃんと出来上がる」と言い聞かせながら。いろんな意味で。
b0164670_18351578.jpg

りんごのパウンドケーキ
■材料■
バター100g
玉子 100g(2個ぐらい)
さとう 100g
薄力粉 100g
ベーキングパウダー小さじ半分

りんご半分(スライスにして赤ワイン大匙1に漬けておく)
シナモンパウダー

▲つくりかた▲
玉子と砂糖を合わせてもったりするまで泡立てる。
バターは湯煎で溶かしておく。
泡立てたものに、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい混ぜる。
最後に溶かしたバターを混ぜ合わせ、パウンド型に流しいれる。
スライスしたりんごを縦にさしこむように並べてシナモンパウダーをふって
180度のオーブンで25~30分焼く。
b0164670_18313072.jpg

b0164670_1832368.jpg

b0164670_18322317.jpg

b0164670_18323683.jpg

普通に美味しくできて癒されました~^^
b0164670_1833682.jpg



今日の晩御飯、すきやき。
宮崎県の牛肉にしましたから、さすが美味しい^^
b0164670_18362197.jpg

豆腐はこれ。山口県の「さざなみ豆腐」
これがすきやきにぴったりーーー!!
b0164670_18365610.jpg

このさざなみというのは萩市にある地名で「佐々並」と書きます。

その昔、平家が壇ノ浦で源氏に敗戦した際、平宗盛(むねもり)の子=清宗(きよむね)が阿武川上流の山中(萩市川上地区)への逃避行をする間に、亡き安徳天皇の侍女=佐々連姫(さざなみひめ)と恋仲になりました。しかし、父の処刑を知り悲嘆にくれた清宗は病死し、佐々連姫もあとを追うように亡くなります。
現在はダムの底に沈んでしまいましたが、かつての阿武川流域には清宗・佐々連という地名が残っており、
集落には伝承が残っていました。

ドラマですね~歴史ってこういうドラマが満載なんですよね。実は。
授業でもこういうエピソードをもっと盛り込んでくれたら学校の授業も楽しかったはずなのに。
b0164670_19513245.jpg

b0164670_18441185.jpg

〆はうどんで。次男がうどんだけにハマッてましたー。

あ、割り下の分量はこちら↓
煮切り酒200cc
煮切りみりん300cc(酒とみりんは煮切ってアルコールを飛ばす)
醤油200cc
砂糖大匙4

ちょっと濃い目ですが、おいしくできました^^


ちぎりパンも作ってみたくなったなぁ・・・

[PR]
先日、作った栗原はるみさんの「パリのタルトタタン」は秋映という品種で作ったので
納得の仕上がりにはなりませんでした。

やはりタルトタタンは紅玉じゃないと!!
b0164670_11243519.jpg

紅玉、買ってきました。
レシピは先日の記事をご覧ください。

分量では紅玉3個ですが、小ぶりでしたので思い切って4個とも剥きました。
b0164670_11241494.jpg

15分間煮詰めるうちにいい飴色になり、前回とは違って紅玉はやはり水分の出方が少ないので
さらにいい感じに煮詰まってきました!タルトタタンは水分が少ない紅玉が最も理にかなっている!
b0164670_11262755.jpg

b0164670_11263998.jpg

型に詰めると4個分でもすんなりおさまりました。
b0164670_1127426.jpg

焼き上がり。

ひっくり返すと・・・完成!!
b0164670_11273983.jpg

いいね~^^
b0164670_112755100.jpg


コンビニに走り、ハーゲンダッツのバニラアイスを買ってきました・・・。
b0164670_11322829.jpg

タルトタタンがまだ温かいので、アイスがどんどん溶けてゆく・・・。
b0164670_11324356.jpg

b0164670_11325713.jpg

バタバタと大忙しで撮影したのち、ひとりで戴きました^^

おいしーーーーっ!!
さすが紅玉の酸味が効いていて、最高に美味しい♪

このレシピ、とっても簡単でスピーディに出来上がります。しかも紅玉を使ったらほぼ失敗なしなんではないでしょうか?さすが栗原はるみさんですね^^
[PR]
b0164670_13234431.jpg

タルトタタンとか、アップルパイにそそられる季節になってきました。

日ごろからよくレシピを参考にさせていただいてます、栗原はるみ先生の
「パリのタルトタタン」、作ってみました。

いろいろネットで検索かけて、いろんな方のブログを参考にさせてもらいました。
(分量が人によって違っていたり、赤ワインをラム酒に変えておられる方も)

たぶんこれが正解かな?と思うレシピです。
b0164670_12321983.jpg

▲材料▼
紅玉りんご小さめ3個(600g)
砂糖 120g 
バター 20g
赤ワイン 大さじ1
シナモン 小さじ1
冷凍パイシート1枚

▼つくりかた▲
りんごの皮をむき、4等分に切る。スーパーに紅玉がなかったので、長野県産「秋映・あきばえ」という品種が見た目が近かったので、それにしてみたよ。
b0164670_12323598.jpg

b0164670_1233614.jpg

(無意識に剥いて切っていると、いつものごとく4等分からさらに半分にしてしまったのが1個混ざってる・・・^^;)
b0164670_1234953.jpg

フライパン(焦げ付きにくいテフロン加工がおすすめ、もしくはホーロー鍋)にバターを溶かし
りんごを炒める、砂糖を加えてまたしばらく炒める。(きび砂糖にしたよ)
b0164670_12343623.jpg

b0164670_12345349.jpg

赤ワイン、シナモンを加えて、蓋をして15分間煮詰めます。ときどき焦げてないか確認しつつ優しくかき混ぜる。(下に経過の様子画像貼ってます)
この間、ずっと中火でした。

冷凍パイシートは18センチの型だと角が余ったので、こんな風に折っておいた。
b0164670_1235351.jpg

(昨日、ホームセンターで18センチの型を買っておいたの!底が抜けるタイプで便利や~)
b0164670_12363145.jpg

さあ!煮詰めるよ~!ずっと中火。
b0164670_1236593.jpg

↑10分経過したところ。いいあめ色になってきた!まだまだ~煮詰めるよ。
b0164670_12372250.jpg

↑15分経過しました。水分が蒸発して泡が多くなってきた。蓋をとってさらに1分煮詰める。強火で。
b0164670_12385566.jpg

もう泡しかたってないまで煮詰めて終わり。
バターを薄く塗った型にびっちり!敷き詰める。
お隣のりんごさん、もうちょっと詰めて詰めて~。びっちりね!
(皮があった部分を下にしてね)
b0164670_12403930.jpg

お鍋に残ったソース(もうキャラメルソースになってる、ドロドロ!)も流し込んで。
パイ生地で蓋をして250度のオーブンで15分焼きます。
b0164670_12435530.jpg

が・・・うちのデロンギの電気オーブンでは230度までしかなく、それでも経験で高い気がしたので
210度ぐらいで焼いてみたけど、案の定、火力が強すぎて途中、アルミホイルをかぶせて焦げ防止。
あとは180度に下げてトータル10分で焼きあがりました。
b0164670_12443132.jpg

フライパンにこびりついたソース、冷めてくるとほんとにキャラメルになってた!!
おいしくて、木べら舐めてた・・・。
b0164670_12431368.jpg


焼きあがり。直後はパイ生地が膨らんでますが、だんだんしぼんでいきます。
b0164670_1245035.jpg

このままキャラメルが固まるまで冷まします。
b0164670_12454714.jpg


荒熱がだいぶ取れてきたので、冷蔵庫にも入れてみましたが、
待ちきれず・・・生クリームをあわ立てて食べてみることにしました。
b0164670_13242874.jpg


型から抜くと思っていた以上に水分がっ!!やはり紅玉じゃなかったから?
それとも紅玉でやっても同じぐらい出てくるのかな?
b0164670_13251793.jpg

b0164670_13253114.jpg

でも、、、おいしそう・・・。
b0164670_13255456.jpg


実食!!
b0164670_1326176.jpg

ウンウン。おいしいぃ~~~!期待を裏切らず、美味しかった!
でももっと欲を言えば、カリカリの部分が残ってて欲しかった。
パイ生地もひっくり返したときに水分を吸ってしまい、どちらかというとしっとりに変わっていた。
なら、パイ生地を2枚重ねにするっていう手もある?!

b0164670_13281287.jpg

ほら、こんなに水分が。
b0164670_13274675.jpg

美味しかった^^
でも次は紅玉でリトライしてみます。
■追記■
紅玉でリトライしてみました→☆
[PR]
b0164670_10144861.jpg

昨日の朝、次男が「ママ、ケーキつくって!」と言うので。

幼稚園に行っている間にケーキミックスのスポンジを焼いて
b0164670_10153284.jpg

直径18センチの型がなかったので、シフォンケーキ用の型で焼いてみた。
b0164670_10154723.jpg

てっぺんがとがっていたので、スライスして、平らに。
さらに半分に切る。
b0164670_10174666.jpg

生クリームは「豆乳」のクリームにしたのですが、なんだかツノがピンじゃなくて、「プン」。
立ちが足りない・・・前もそうやった。。なんでかな?あわ立てが足りないというよりも、このクリームに問題がある気がする。だってあわ立ては自動泡だて器で何回もやったもん。
油脂分が普通の生クリームより少ないから??
b0164670_10182971.jpg

きび砂糖30g入れて甘さ控えめに。
b0164670_10202161.jpg

b0164670_10204376.jpg

メロンとブルーベリーでデコ。
できた~~!!
b0164670_10212012.jpg

なんか、完成度はいまいちやけど。
味はまあまあ美味しかったよ~。スポンジがミックス粉やしね、それなりよ。
b0164670_10221657.jpg

幼稚園から帰ってきた次男に食べさせてみたら、感激して2切れもぺろっと食べてた^^
b0164670_10225279.jpg

b0164670_1023697.jpg

自動泡だて器のメランジュールロボのお陰であわ立てが楽チンやからさ~。
あっという間に完成しましたわ!!ブイブイvv

昨日の晩御飯は子供たちだけでしたが、串揚げてみました。
b0164670_10252521.jpg

それと、焼き芋。
b0164670_1031374.jpg

黒いアルミホイルがあるって知ってました?知り合いのママに教えてもらって初めて知ったの。
火の通りが早いから焼き芋とか時間かかるパターンにおすすめらしい。
b0164670_118931.jpg

b0164670_10314352.jpg

実際に時間はかってみたら、丸型に近い太いお芋を魚グリル(ガス)で30分ほどで焼き芋にできた。
でも・・・普通のアルミホイルではどうなんやろう・・?もうちょっと時間かかったんやろか。微妙やな^^;
b0164670_10333089.jpg

b0164670_10334918.jpg


追伸;昨日の「にほんごであそぼ」にちらっと映ったわたしたちを
偶然見てくれてた佐賀のお友達からメールが来て、びっくりしました^^
教えてなかったのに、偶然見てくれてたなんて!
[PR]