タグ:ご飯系 ( 22 ) タグの人気記事

今日の晩御飯。

子供たちが大好きな里芋とイカの煮物。
b0164670_19315595.jpg

「明日もこれ作って!」と言われました。

なかなか性のよさそうな里芋に出会えないのですよ。
出会えたときは作るんだけどねー。
佐賀の季楽となりにあるJA産直の市場が恋しくなるわ~。
あそこの里芋はほとんど全部当たりやったけんね。
(白より赤が好き)

■鶏肉と舞茸と大豆の混ぜご飯■
b0164670_19351441.jpg

小さく切った鶏肉(もも)をフライパン、ごま油で炒める。
塩胡椒。
舞茸も小さくちぎって加え、大豆の水煮も投入。
酒、白だし、みりん、めんつゆ、砂糖、醤油、生姜焼きのたれを少しずつ適量加えて味付け。
b0164670_1937179.jpg

汁気がなくなるまで煮詰めて火を止める。
炊きたての白ご飯と混ぜてできあがり。
b0164670_1937293.jpg


今日の汁物は、残っていた茶そば一束を半分に折ってあらかじめ茹でておき
水+白だし+梅昆布茶で味を調えた汁のなかに茹でた茶そばと松山あげ(油揚げ)を入れて。
仕上げにだいだい(和風の柑橘類ならなんでも。ゆず、かぼす他)を絞ってできあがり。
b0164670_19393695.jpg


b0164670_19401051.jpg

b0164670_19402271.jpg

おいしゅうございました^^
[PR]
お友達ママから栗をいただいてました^^
b0164670_95344100.jpg

週末に食べたいとパパが言うので、皮付きのまま綺麗に洗って乾かしてから冷凍保存。
今週末は次男の幼稚園運動会がありました。
b0164670_9533095.jpg

b0164670_9542239.jpg

もうお弁当は作らず。
すぐ近くのお弁当屋さんまで買いに行きました^^;
楽チン、楽チン!運動会の大変さって、約5割がお弁当づくりでしょうか。
b0164670_102721.jpg

かけっこでは、ほかの同級生より体の大きい次男ですので、毎回余裕で1番なのに!
なぜかスタート時からヘラヘラと笑いながら、あきらかに力をゆるめて走っているのです!
それでも途中まで1番だったのですが、最後に抜かれて案の定、2番になってしまいました。

あとで次男に「どうしてもっと本気ださなかったの??」と聞くと
「だって、オレ、2番になりたかったから。」というのです。
「いっつも1番で2番になったことなかったから、2番になってみたかったの。」という言葉に
おにいちゃんが「余計むかつく」と言ってました。確かに(笑)

運動会が終わって帰宅。今年初の「栗仕事」~~!
もうほんとこれが大変よね。冷凍保存しておいた栗を軽く湯がいてから鬼皮をむき、渋皮を剥いてご飯と一緒に炊きました。普通のお米を炊くときの水の量に酒少々、塩少々、こぶ茶少々。
b0164670_1004468.jpg
b0164670_1012887.jpg

秋ですねぇ~。日本人でよかったと思う瞬間^^
b0164670_1025038.jpg

b0164670_1032035.jpg

b0164670_1065037.jpg

翌日はパパのリクエストにより、グラタン。
ほんっとにひさびさに作りました!!もともとあまり好きじゃないので、なかなか作ろうとは思わないのです。
結婚して15年ほど経ちますが、これで2回目ぐらいじゃなかろうか?と思われるグラタン。
だからあまり自信がない~~。
たまねぎ、かぼちゃ、鶏肉、餅を具材に。
b0164670_1083265.jpg

b0164670_10104958.jpg

ウンウン・・・ふつう。。

b0164670_109457.jpg

このもずくスープ。100円ぐらいですが、こどもたちがハマッテル!
b0164670_1093888.jpg

即席スープでお湯を入れて完成なんだけど、こどもたちはご飯と一緒にスプーンで食べるのが気に入ってます。ほどよい塩加減がいいのでしょうね。
b0164670_10102438.jpg


こないだおにいちゃんが初めて受けた漢字検定合格しました!
b0164670_10114166.jpg

夏休みに漢字ドリルを何冊も仕上げたので思っていた以上に力がついていたようです。
4年生修了レベルの7級に合格してわたしも嬉しい^^
[PR]
今日の晩御飯です。
b0164670_1893483.jpg

ひらそのお刺身を嬬恋村産のキャベツの千切り(塩もみ)+きゅうりのスライス(塩もみ)に盛り付けて
今日、スーパーで初めてみかけた叙々苑ドレッシングの黒酢ごまドレをかけて。
(グリーンの叙々苑ドレ以外にも種類があったことを今まで知らなんだ・・・)
これもおいしいね!グリーンのやつほどにんにくが効いてなくてさっぱりしてる感じ。
b0164670_1893637.jpg

ちょうどお兄ちゃんの社会のお勉強で、「高冷地農業」がさかんな「群馬県 嬬恋村」というキーワードが
よく通信教育の教材で出てくきたので、買ってみたわけです。

スーパーにときどきつれていくのも、勉強になりますね。今度から連れていこう。
b0164670_1833294.jpg

鶏飯の具材と混ぜたご飯。
b0164670_1842446.jpg


そして、最近はまりつつある「松山あげ」をいれた中華スープみたいなもの。
もやしと玉子も入ってます。(スープは水+白だし+ウェイパー+酢+醤油)
b0164670_1852931.jpg

b0164670_185593.jpg

お友達ママから超絶オススメされて、買ってみました。
ほんとにいろいろ使えて、いいおだしが出る、いい仕事するおあげさんなんですね。
関東のほうだと割高だったと、そのママが言ってました。
松山市(愛媛県)が山口に近いので若干お手頃価格なのかな?1パック150円ぐらいで
さらに安くなってるときもあります。

うちは、「猪俣の肉うどん」にそのまま入れたり、お味噌汁にいれたり。
カサカサに乾いているのだけど、汁をぐんぐん吸ってあっという間に柔らかくなるんですね。
確かに美味しい!
b0164670_1882961.jpg


ビーズドールの残りのランドセル、やってまーす!
b0164670_18115635.jpg

それと、オーダー分のチアガールちゃん。
えらい可愛いことになってます(笑)自画自賛・・・。
b0164670_18125564.jpg

[PR]
今日は実家の母が泊まりにきました。

晩御飯なにしよ~?とスーパーの魚売り場へ。

顔なじみのお店のおばちゃんに蛸をすすめられて
「蛸はよぅ~しませ~ん~^^;」と一度はお断りしましたが
「やってみたらはまるわよ~!」と言われ
細かく調理方法を教わっているうちに、すっかりその気に。
しかも調理場のおじちゃんまでもが中に呼んでくれて
「さばき方を教えちゃる!」と、蛸の足を生の刺身で食す用の皮の剥き方などを
実演してくれた(笑)

生だと吸盤もコリコリしてて美味しいんだと!
「ほんとに~~?!」と完全に疑いの目でしたが・・・。

b0164670_2142466.jpg

丸まる1匹買うてきました~。(目玉と墨は取ってもらいました)
お店のおじちゃんが足1本だけ刺身にしてくれた。
b0164670_21474553.jpg

ほかにカマスを開きにしてもらって。
b0164670_21475611.jpg

あと、こんなんも好きでついつい買ってしまうんだな~。
b0164670_21473497.jpg


帰宅して早速、刺身用に足2本をさばきました。
b0164670_215553100.jpg

ぬるぬるしてなかなか大変でした・・・。
吸盤の部分も捨てずに。
b0164670_21573990.jpg


残りはボイルして(長くても5分ですって)
b0164670_21584532.jpg

サラダ用刺身と炊き込みご飯用に切り分けます。

b0164670_215995.jpg

まずは生の足の刺身。海水の味がほのかに残る塩味。
b0164670_21592490.jpg

それから吸盤!
b0164670_2285944.jpg

これはほんとに意外!想定外にはまりました!
コリコリしてて美味しい~!わかめの茎ほどの固さです。

サラダはアボガドと一緒に。
b0164670_2214053.jpg

わかめそーめんとトコロテンはポン酢と梅で和えました。
b0164670_2221760.jpg


蛸の炊き込みご飯
b0164670_2231293.jpg

米2合を洗ってざるにあげておく。
白だし30cc+水370ccに、みりん、しょうゆ、酒を適量、昆布茶も少々。
ルクルーゼで炊きました。
b0164670_22541.jpg


ささ、戴きましょう!!

で。母が喜んで食べてくれると思ったのですが・・・
想定外に母の歯はすっかり老化してしまったようで^^;
蛸がなかなか噛み切れず、ほとんど食べられませんでした・・・orz

魚売り場のおばちゃんには申し訳ないけれど・・・下ごしらえ大変すぎて
もう蛸まるごと買いはしばらくしませ~ん。
(でも美味しさはちゃんとわかったから。^^;)
[PR]
先日、宮崎の「おおとり」で食べた明太子だし巻き。

毎年、行った後に再現してみるんだけど、なかなか思い通りに出来上がらない。

どうやってるんだろう?
今回は。
出汁巻きの生地を1回目、流し込んだあと、マヨネーズを置いてから
明太子を乗せて、明太子には火を通さないように、手早く巻きます!
(去年はマヨネーズをつけないで焼いたら、明太子にまで火が通ってしまって
ぜんぜん違うものになってしまった)

出来た!
見た目はとっても似ている。
b0164670_21313377.jpg


「おおとり」の明太子だし巻き↓
b0164670_21322851.jpg


やっぱり、なにかが違う!
明太子は皮がなかったよね、だからあらかじめマヨネーズと明太子の皮をはずして
和えてるんだわ。こねぎも入ってるやん。

味はなかなかいい線行ってました^^

ちなみに。
わたしの出し巻き玉子の作り方ですが
簡単に作るには「白だし」を利用してます。

玉子2~3個をほぐして、白だし10ccに水を2~3倍で薄めてから加え、砂糖、醤油をほんのちょっぴり。
あとは焼くだけです。白だしがあるととっても便利~。
ただし、入れすぎるとしょっぱくなるので注意です。

「ごぼうしょうがの炊き込みご飯の元」で炊きました。
松山揚げも入ってます。美味しかった~!
b0164670_21361753.jpg

b0164670_21363733.jpg


今日はあじのフライ。
b0164670_2137280.jpg

b0164670_21371746.jpg


ごちそうさまでした♥
[PR]
パパの会社の取引先営業の方の奥様が萩出身で
ご実家のお父様が漁師をやっておられて・・・。いつもサザエとかお魚たくさん送ってくださるんですって。
うらやましい限り!って飲み会で話してたら、今度おすそわけしますよ!って
言って下さってて、その場のノリだけの話だとうちのパパは思ってたら、ほんとに下さった!!
b0164670_1918347.jpg

というわけで。昨日の夕方、こーーーんなにたくさんの萩産サザエを戴いたんです。
数えたら34個もありました!すごいすごい~~。まさかこんなに貰えるなんて思ってもいませんでしたよ。
しかもまだ動いてるし^^;
立派なイサキ2尾まで!
(うちは代わりに愛媛県のいただきものの焼酎を差し上げましたら、奥様もしやお酒好き?!喜ばれてました^^)
b0164670_19181962.jpg

こんな新鮮な食材をいただけるなんて思ってなかったので、昨日の晩御飯はすでに用意してしまってたので
とりあえずお酒のおつまみにサザエのつぼ焼き♥
b0164670_1918556.jpg

あ~~なんて美味しいんでしょう!こないだのGWにスーパーで買ってきた同じ萩産サザエより
断然ビッグサイズ~。新鮮で美味しい^^
お刺身にして食べてもよかったんだろうけど、手っ取り早く焼いて食べました。十分美味しい!

そして今夜の晩御飯!

残り30個サザエのうち、10個は知人におすそ分けして、20個を我が家分に。
そして~~贅沢に20個まるごと使ってサザエの炊き込みご飯~~。

一応一晩冷蔵庫に入れてたから、もう死んでるかな?と思いきや
まだ生きてました・・。まだ生きてるのを生で引っこ抜くのも至難の業でした。

そこで、大きめ鍋にひたひたの水を沸騰させて、このように少し湯がいてから引っこ抜く作業。
b0164670_19225315.jpg

ここまでやると、ズルンッ!と綺麗に剥けます。
b0164670_19232068.jpg

苦い緑色のワタをとり、中に隠れている赤い口を切り取り、苦味のある黄色いヒダを取り除き
身だけを残します。この作業がけっこう大変ですね。腰が痛くなりました。

20個のさざえから結局とれた身は約300gだけ。殻がこんだけあるのに食べられない部分がほとんどなんですね。苦いワタは苦手^^;
b0164670_1925383.jpg


米3合をとぎ、ざるにあげておく。
白だし50cc+水550cc、酒40cc、醤油20cc、昆布茶(粉末)ティースプーン2杯
を、米と一緒に炊飯器に入れて、剥いたサザエ(150~300g)を載せて炊く。

b0164670_19281941.jpg


炊き上がるまでにイサキの塩焼きを仕上げる。
b0164670_19284696.jpg

ポン酢で食べます。
塩焼き大好きな次男が待ちきれずフライングして食べ始めます^^;
b0164670_19291026.jpg


そうして、炊き込みご飯も炊き上がりました~~!
しっかり蒸らしてからいただきます!
b0164670_19302866.jpg

これで味付け失敗してたら泣くな・・・と思いながら味見。

大丈夫!ま・い・う~~~!!!でした。
b0164670_19312051.jpg

サザエがコリコリで~~。柚子胡椒に合います!
b0164670_19332615.jpg



パパのお知り合いのおかげでほんとに贅沢な晩御飯となりました。
イサキの塩焼きもサザエご飯も子供たちに大好評で
おにいちゃんが珍しくご飯をおかわりしてました^^
サザエの苦い部分をしっかり取ったので、これなら子供たちも食べられるね!
b0164670_19322932.jpg

おいしい食材、ご馳走さまでした♥
[PR]
昨日の昼ご飯。
まずは鶏と新ごぼうと大豆の混ぜご飯。
新牛蒡はささがき、水にさらしておく。鶏肉はもも肉1枚じゃちょっと多いので(米2合は別で炊いておく)
3分の2枚分を1センチ四方ぐらいの大きさに小さく切っていく。大豆は水煮パック(缶)をお好みの量。
しょうがの千切り(適量)
b0164670_1003132.jpg

フライパンにごま油大匙1をしき、生姜→鶏肉→牛蒡の順に炒めて最後に水煮大豆を加え
酒・みりん・砂糖を各大匙1ずつ、醤油を大匙2を足して煮絡める。
b0164670_1003891.jpg

途中、余分な油をふき取り、煮汁がなくなったぐらいで火をとめ、炊き上がったご飯2合と
混ぜるだけ。
b0164670_1011864.jpg

できあがり~~!とっても簡単で美味しい^^大豆がなかなかいい味だしてます。ぜひ入れてあげて。
b0164670_1013621.jpg

b0164670_1015867.jpg

中央の大皿に入っているのは、そうめん&カゴメから出てたトマト風味の冷麺スープなのですが
う~ん、微妙な感じでした^^;でも、「大丈夫」というレベルです(笑)
b0164670_1021511.jpg

パパ用にはそうめんの上に宮城県産の「いかオクラ」をトッピング、煮椎茸も出来合いのもの。
この「いかオクラ」がなかなかいい仕事してくれます。スーパーでもずくとか置いてる冷蔵コーナーで見つけたものですが(パック入り)、納豆の上にトッピングしてもいいし、もちろんそのままポン酢かけて食べてもいいし、サイドメニュー的ないい感じの仕事っぷりで惚れました!また買うわ~。
↓これがその「いかオクラ」。今度は夕飯にも出しました。
b0164670_102201.jpg

夕飯のメインは、カレイと鯛白子の煮付け。
鯛白子は熱湯でさっとゆがいてざるにあげておく。
カレイの下処理はお店でしてもらって~、フライパンに椎茸の薄切りを敷き(魚の焦げ付き予防)
水1と半カップ、みりん大匙2、酒大匙3を煮立たせた中にカレイを並べ(2尾)
途中灰汁をすくいながら、砂糖大匙2を加えて落し蓋、中火で4~5分煮る。
醤油大匙4を加えて煮汁をカレイの表面にかけながら、ゆがいておいた白子を加え
しばらく煮たらできあがり!
b0164670_1025723.jpg

ほろほろと身が簡単にほろけるので、上手に身をつまんで分けてあげましょう^^
b0164670_1025751.jpg

b0164670_103343.jpg

そして、昨日は次男、コマなし自転車初挑戦の日でもありました!
が、しかし!
乗り始めてものの数分でいとも簡単に乗れてしまった・・・!次男の運動神経には驚かされます^^;
「ママ、写真とって~~!!」といいながら乗りこなす余裕すらあったから、
4月29日は次男の「自転車記念日」(ノ´∀`)ノ☆(ちょうど4才9ヶ月)
b0164670_1035719.jpg

あ、自転車はおにいちゃんが相当乗り回した後のおさがりなんで
可哀想なぐらいにオンボロなのですが・・・^^; 次男は見た目なんてお構いなし!
相棒となるこの自転車を気に入ったようで「ママ、オレ、この自転車だいじにするわっ」やって。
[PR]
b0164670_1541496.jpg

こないだの週末の晩御飯のおかず。
頂いていた大根を消費すべく作った一品。

豚バラ肉の塊を一口大に切って、少量のごま油で先にさっと炒めておきます。
(大根を水から下茹でしておく、15分)
肉、大根とだしをひたひたに加えて沸騰したら落し蓋。
中火で20分ほど煮る。蒟蒻を加えて、酒、砂糖、みりん、酢を加えて10分。
醤油を加えて15分~20分さらに煮る。火を止めてから剥いたゆで卵をつけておく。
(豚バラの油が表面に浮いてくるので、カロリーが気になる場合はこまめにすくっておく)
b0164670_15412082.jpg

大根がとろっとろ!豚バラが角煮っぽくもなり、とても美味しく出来上がりました^^

b0164670_15414261.jpg

そしてハマっている、黒豆御飯、ふたたび♥
b0164670_1542159.jpg

b0164670_15422118.jpg

お兄ちゃんのマラソン大会(結果13位)と次男のクリスマス発表会も無事に終わって・・・
年末に向かってるな~~今年もなんだかんだ早かったなぁ~~と・・・脱力感。
(パパに「今年一番妻に感謝したことは?」と聞くと
「引越し」という答えが返ってきました。そうじゃった、そうじゃった・・・笑
春に越してきたことをすっかり忘れてしまうほど、山口にもだいぶ馴染んできたということか~
というか、もう早く新しい環境(街、小学校、幼稚園)に慣れようと一生懸命に走りすぎてきたこの一年でした)
[PR]
本日、続けて2本目の記事。
b0164670_18523580.jpg

「オレ、おてつだいする!」と次男から迷惑な申し出があったので・・・
幼稚園のママからいただいた葉つき大根の葉を次男にきざませ、
b0164670_1853334.jpg

ごま油で炒め、砂糖、醤油で味付け。
b0164670_18535610.jpg

大根葉のふりかけができました^^
b0164670_18542728.jpg


b0164670_18545915.jpg

今夜の夕飯は、いただいた大根をピーラーで薄切りにし、豚肉と一緒にみそ生姜鍋に。
b0164670_18554193.jpg

そして、先日習ってきたばかりの「黒豆ご飯」
b0164670_18554525.jpg

基本のレシピは、米3合、黒豆100g、水4カップ、塩小さじ1を炊くだけ。
米3合はうちには多すぎなので、米2合、黒豆80g、水3カップ、塩小さじ4分の3に変えて。
あらかじめ黒豆をさっとゆすぎ、米と一緒に水につけておきます。1時間はつけておく。
(丹波の黒豆のように大粒の場合は炒っておくといいそう)
b0164670_1856470.jpg

黒豆は柔らかすぎず、食感が残る程よい硬さに仕上がります。黒豆大好きなわたしには
とっても嬉しいご飯!水が多めなので、もち米のようなモチモチした食感にも仕上がります。
b0164670_18555317.jpg

みそ生姜鍋のスープは、水1L、白だし50cc、生姜のすりおろし大匙2、味噌100gを
温めて、お野菜や豚肉を入れるだけ。生姜が多いと子供に嫌がられるのですが^^;
大人には美味しいお鍋☆
[PR]
キッチン工房「サニー・ディッシュ」佐々野恭子先生による「簡単スピードおせち」料理教室に
参加してきました。(参加費は無料、材料費500円)
b0164670_14124751.jpg

先生のお見本。
b0164670_1413357.jpg

「鶏の昆布巻き」
立派な昆布に鶏もも肉と生姜の千切りをくるみ、かんぴょうでしっかりと縛り
煮たもの。菜ばしでグサリと刺さるほどに柔らかく煮ます。(昆布をつけた水、酒、しょうゆ、砂糖、みりん)
b0164670_14132462.jpg

「卵のうに焼き」
練りうにと卵黄、酒を混ぜておき、ゆで卵を半分に切ったものの上にたっぷりかけてグリル。
b0164670_1413442.jpg

「おきな海老」
有頭えびに酒をふり、電子レンジでチン。はちみつを絡ませる。
「市松模様の信田煮」
油揚げをひらいて、水とめんつゆで煮た人参と大根を市松模様になるように、置いて巻く。
つま楊枝で留めて、水、しょうゆ、めんつゆ、砂糖で煮る。
b0164670_1414424.jpg

「黒豆ご飯」
b0164670_14142081.jpg

「さつまいもの蜂蜜煮」
b0164670_14142642.jpg

それと、一番上の写真のセンターにある「カレーピクルス」
れんこんと人参をゆでてから、ローリエ、酢、塩、カレー粉、しょうゆを合わせてものにしませる。
b0164670_141595.jpg

4班に別れ、各班6人ずつの編成になっていました。
思ったより、年齢層が高くてびっくり。わたしが一番最年少でしたから(笑)
40代後半~60代後半までのマダムたち+おじちゃん一人。
ベテランたちの中で足手まといにならないよう!控えめに頑張ってきました。
でも、少し失敗しても、みなさん優しくて良かった~~^^
結構楽しかったです。
b0164670_17505453.jpg

このような、難易度の高い調理はお姉さまがたにお任せ♥

b0164670_14153015.jpg

最後は分担して盛り付けて出来上がり~~!
b0164670_14153968.jpg

持ち帰りは一切できないので、全部食べて帰りました。
ほんと、思っていたより、というと失礼ですが!ほんとに全部おいしくってびっくり!
特に、昆布巻きと市松模様の信田煮、これいい!
詳しい作り方&分量が知りたい方はお気軽にコメントください。
b0164670_14161048.jpg

[PR]