タグ:カレー・シチュー ( 4 ) タグの人気記事

山口のスーパーでは普通に鯨肉が売ってます。
(ほかの県でもそう?)
b0164670_11212057.jpg

下関で冷凍加工された刺身用を700円ぐらいで買ってきました。

鯨肉は、小学校の給食で食べた竜田揚げ以来。
鯨の竜田揚げはよく噛まなければいけない独特の固さがありましたが
美味しくてけっこう好きでしたねー。子供ながらに「特別な食べ物」だという意識を持って
戴いていました。

おそるおそる・・・調理して食べてみることに。

冷凍されたものを自然解凍、みるみる血がしたたってきます

大体解凍されたぐらいでスライス。
ちょっとお醤油つけて味見。
b0164670_12142012.jpg

うんうん。
マグロの赤身と、かつおを足したようなお味で、なかなか美味しい!

適当な大きさに切っておく。まな板はどす黒い血で染まりちょっとしたホラー映画さながらのキッチンになってました^^; 閲覧注意状態なので写真はなしですよー。
b0164670_12135887.jpg

鯨カレー
■材料■
鯨肉(500gのうち4分の3ほど使用)
たまねぎ1個
牛蒡2本
じゃが芋4個
パプリカ(赤と黄色)1個ずつ
固形コンソメ
カレールー(2~3種、固形のものとフレークのものがあるといい)
赤ワイン、醤油、塩、胡椒、酢

▲作り方▼
鍋にサラダ油、粗く千切りにした玉ねぎを弱火でいためる。
その間に牛蒡の皮をしごき、小さく輪切りにしたものを水にさらし
鍋に加える。
b0164670_12145171.jpg

適当な大きさに切ったくじら肉を加える。
b0164670_1215792.jpg

b0164670_12154952.jpg

塩、胡椒、(ミックスペッパーもあれば)いつもより少し多めに味付け。
肉の表面の色が変わったら、赤ワイン大匙2と醤油大匙1を加えてさっと混ぜ
b0164670_1216305.jpg

適度な大きさに切り水にさらしておいたじゃが芋を上にのせ、混ぜずに
そのままひたひたの水(いつもより少し多めがよい)を加え、コンソメを1個加えて蓋をする。強火。
b0164670_1217738.jpg

灰汁がものすごく出てきます。丁寧にあくとり。
通常のカレーをつくるときの3~4倍は灰汁がでてきました!水が少し足りなくなった・・。
b0164670_12172326.jpg

灰汁とりが終わってじゃが芋に竹串が通ったら、パプリカを上にかぶせてしばらく蓋をする。
カレールーを溶かし、最後にお酢大匙1を加えてできあがり。
b0164670_12173911.jpg

ベランダに植えているバジルの葉をちょちょっと載せてみました。
b0164670_1217593.jpg

バジルとも好相性。
b0164670_12182179.jpg

魚なのに、なんだか牛肉のような食感。歯ごたえは結構あります。
鯨肉ってどこかジビエっぽいな~と思うのですが。
調理方法も洋風にアレンジできると思うし、イタリアンにすれば美味しい気がします。

お兄ちゃんに食べさせてみました。「何のお肉だと思う?」と聞いてみたら
「牛肉?」   「ちがう~。海のお魚の仲間だよ」
「まぐろ?かつお?」  「ぶっぶ~。もっともっと大きいやつだよ」
「あ、わかった!くじら!!」
美味しい!と言ってました^^


失敗してもいいつもりでチャレンジしてみた鯨カレーでしたが
思いのほか、ふつうに美味しくできました^^

余談ですが、山口には「鯨墓」(くじらばか)があります。

ウィキペディアより・・・
山口県長門市青海島通地区の向岸寺に鯨墓がある。かつては対岸の長門市仙崎にも鯨墓が存在し、仙崎出身の詩人の金子みすゞは、鯨墓が存在する地域の慣わしに感銘し『鯨墓』を書いた。

わたしは「おいでませ!山口観光案内人検定」の受ける勉強中に知りました。
金子みすずのふるさとである、長門市仙崎の対岸に位置する青海島の向岸寺(こうがんじ)には、鯨の位牌と子鯨の過去帖があるそうです。日本では唯一の当時(沿岸捕鯨の基地として栄えた時期)捕獲された鯨の胎児を約70体埋葬しているということです。

地域の人々はただ捕獲するだけでなくきちんと鯨の霊をなぐさめていらっしゃいます。
こういうところが日本的ですよね。
海外から批判の対象とされている捕鯨ですが、乱獲しているわけではなく
日本文化のひとつとして大切にされてきた伝統漁の一種なのですから
そこんとこは世界の国々も理解してもらいたいな~と思いますね。
[PR]
瓦そばは、山口県下関市豊浦町の郷土料理。(by,ウィキペディア)
b0164670_1847274.jpg

山口のスーパーにね、瓦そばの蒸した茶そばとめんつゆのセットが普通に売っているの、焼きそば麺のように・・。
牛肉を甘辛く味付けしておいて(牛蒡も入れた)、卵も作っておく(錦糸卵が面倒で炒り卵みたいにしちゃった。卵はだし巻き玉子を作るときと同じ味付けにしたよ)

フライパンでサラダ油を熱し、茶そばを焼く。お湯を少々入れて蒸し焼きにしたわ。
お皿に、麺→玉子、お肉、ねぎ、海苔をトッピングし、添付のつゆを温めて上からかけたわ。
(ほんとは、つけ麺のように、つゆは別容器に入れて麺をつけながら食べるらしいけどね)
b0164670_18464032.jpg

家庭用瓦そば、旨し!!

それから、昨晩から仕込んでおいた水切り塩ヨーグルトなり!
b0164670_18472854.jpg

michigohanさんのブログで塩ヨーグルトに食いついたわたし、初めて知った!もしかして遅いの??
(michigohanさん、アンテナ広いですなぁ~~)
作り方はとっても簡単。
市販のヨーグルトに塩小さじ1ほど(多すぎたかも^^;)混ぜて、ざるとボウルを重ねてキッチンペーパーを敷いた上にヨーグルトを乗せて冷蔵庫で一晩置くだけ。しみだした汁(ホエイ)はしょっからいので、捨てたわ・・・
b0164670_1848138.jpg

今日の晩御飯は、市販のルーで作る美味しいビーフシチューがテーマ!
b0164670_1973456.jpg

まずね、牛肉を刻んだキウィ1個分にもみ込んでおく。これ大事~
ちょっと写真が上下しちゃうけど・・・
フライパンにオリーブオイル+にんにく1片をつぶして香りをだしてから
たまねぎ2個分をじっくり炒める。大きめトマト1個を皮むいて、細かく切って加える。
ここで塩、胡椒、(余っていた)クミンシード、クミンパウダー、コリアンダーもいれちまった。

先ほどのいためたものをシチュー鍋に移し変える。
赤ワイン(一番安いのでOK)適量、水、人参、じゃが芋、固形マギーブイヨン2個を加えて煮る。
人参とじゃが芋に火が通ってきたところで火を止める。

熱したフライパンでキウィごとお肉を炒める(油不要)
中にまだ完全に火が通らない程度まで炒めたら、シチュー鍋に加え(キウィから出た汁ごと)
火にかけ、市販のシチュールーを2片ぐらい溶かしながらお肉に完全に火が通るまで煮る。
火を止めて、残りのルーを加えて、調整。
b0164670_18483884.jpg

出来上がったビーフシチューに水切り塩ヨーグルトをオン!
めっちゃ合う~~♪まるでクリームチーズとカッテージチーズを足して2で割ったような・・・(といえば分かる?)シチューも旨い~♪おかわりしてまう~~。
次男からも「うん!この味、おいしーい!」(親指たてながら)お褒めの言葉を戴きました^^;
b0164670_18484082.jpg

b0164670_18482820.jpg

今日のデザはプリムールあおい内にあるタルト屋さんで買ったケーキなり。
なかなか美味し!
b0164670_18494740.jpg

b0164670_18492012.jpg

次男が選んだパンナコッタ、苺が大好き。
b0164670_1850868.jpg

最近のお気に入り=関西人御用達!イカリスーパーのエコバッグ☆
さすがに山口ではまだみかけまへん。
[PR]
珍しい白なすびを見つけたので、
これまた美味しそうなブラウンマッシュルームとともに、
マイルドグリーンカレーを作ってみました
b0164670_1753881.jpg



お野菜はほかに
玉ねぎ、蓮根、そして大豆の水煮
(ジャガイモは結局入れるのやめた)
b0164670_17563433.jpg


ココナッツミルク缶、マイルドグリーンカレーのルーと、普通のカレールーも用意

深めフライパンにオリーブ油、にんにく、鶏肉を炒め、玉ねぎ、蓮根も投入。ここでハーブ入り岩塩や、ハーブ入りペッパーなんかを入れる。余っていたフランス土産のハーブミックスも入れた。
b0164670_17575798.jpg


白なすび、マッシュルーム、大豆を投入。
野菜から水分が出てくるので、ここでしっかり炒め、蓮根に火を通す。
b0164670_1757485.jpg


だいぶ炒まったら、ココナッツミルク缶を入れ、マイルドグリーンカレールーと、普通のカレールーを適量入れ、最後にきび砂糖少し入れたら出来上がり!
b0164670_17582378.jpg

辛くないので子供たちにも食べてもらえる、マイルドなグリーンカレー☆

蓮根と大豆の歯応えがいい感じ!
う~ま~いやん!
おかわりしちゃったよ~
b0164670_17581814.jpg

[PR]
市販のカレーペーストを利用して、バターチキンカレーを作ってみました
b0164670_1494811.jpg



いろんな香辛料を揃えるより安く!手軽にできます!ただし、パッケージ裏記載の作り方は一切無視!
b0164670_145771.jpg



まず輸入食材店で数百円で売ってるバターチキンペーストをゲットします=3

必要な香辛料はこの中にすべて含まれているのであえてスパイスを買う必要はありませんが、にんにく、砂糖、バターなどはお好みで足して味の調整はしてくださいね
b0164670_1455711.jpg


それから、ジャスミンライス(タイ米)(少量の2合パックも売っているので便利)、ココナッツミルク(もしくは生クリーム)、トマトピューレ(トマト缶)、レモン汁、ヨーグルト、鶏肉300g、玉ねぎ1個も用意

まず、鶏肉を前の晩から漬け込んでおきます→市販のペースト(80g)に、ヨーグルト大さじ2、レモン汁大さじ2を混ぜたもの
b0164670_1455998.jpg

b0164670_1461736.jpg


翌日、フライパンにオリーブオイルをしき、玉ねぎのみじん切り1個分をじっくり炒めてから、
b0164670_147211.jpg

漬け込んでおいた鶏肉だけ取りだし加え炒めます
b0164670_147191.jpg


トマトピューレ150cc、トマトケチャップ大さじ2、鶏肉を漬け込んでおいたペーストも一緒に加え、水150ccを足して煮込みます
b0164670_1473647.jpg


鶏肉に火が通ったぐらいまで煮込んだら、ココナッツミルク(または生クリーム)150ccを加え、バター、塩、胡椒、砂糖(酸味がきついなと感じたら入れてください)などで味を整えてできあがり☆

同時にジャスミンライスを炊いたり、ナンも作っておきます
b0164670_1475721.jpg

b0164670_1484984.jpg


ナンはこちらのレシピCpicon 基本のナン by ゆきらいんが非常に簡単で美味しかったです、焼き上がりにマーガリンを塗っておきました
b0164670_1484826.jpg


全然辛くないので子供たちにも大好評v( ̄Д ̄)v
b0164670_1492419.jpg

次男が特にナンにはまっていた!!
[PR]